« スバル 1300 | トップページ | 布袋ぶらりん日和 2013 »

iOS in the Car

いよいよカーナビも要らなくなるのかな~
http://jp.autoblog.com/2013/06/10/apple-unveils-ios-for-the-car/
アップルは10日(日本時間11日)、サンフランシスコで開催された「WWDC 2013(世界開発者会議)」で、同社の「iPhone」や「iPad」で使われている基本ソフト「iOS」を、クルマの中で使うことが出来る「iOS in the car」と名付けられたシステムを発表した。

これまでも、クルマに搭載されたオーディオやインフォテインメント・システムに専用インターフェイスで接続することによって、iPhone内に収録された音楽・動画を車内で楽しむための装置は純正・アフターマーケット問わず既に多くの製品が市場に出回っていることはご存じの通り。だが、今回発表された「iOS in the car」では、電話回線による通話や「iMessages」と呼ばれるテキスト・メッセージの送受信といった携帯電話の主機能、そして地図の表示と経路検索・道案内などカーナビゲーションの代わりになる機能も、まるで車載システムの一部のように統合的に、車内で使うことが出来るようになるのだ。
特徴としては、iPhoneを車内に設置してその画面を使うのではなく、クルマのダッシュボードやセンター・コンソールに搭載されている純正ディスプレイに、しかも車内における使用に合わせて最適化されたインターフェイスでiOSの各機能が表示されること。一見、「車載用iOS」とでもいうべきものを開発したのかと思ったが、デモンストレーションの様子を見ると、画面の右下にはバッテリーのアイコンが表示されていた。つまり、車内のどこかにオーナーが所有するiPhoneがあり、車載システムとはケーブルまたは無線でつながっているのだろう。
操作はもちろん、ハンズフリー(hands free)かつアイズフリー(eyes free)を可能とし、iOSに実装されている「Siri」という音声認識型パーソナル・アシスタント機能によって、音声でコントロールできる。ドライバーはステアリング・ホイールから手を離さず、目線も前方を向いたまま、"Siriと会話する"ように、電話を掛けたりBGMを選曲したり目的地を検索したり友人にメッセージを送ったりできるわけだ。今回のデモンストレーションでは主にそれら4つの機能を見せていたが、これだけでは既存の車載インフォテインメント・システムと比べて(操作性・統合性などの点で洗練されているとしても)内容的には大差がない。2014年に予定されているという製品化の際には、その他のiOSに搭載されている機能や、世界中の開発者たちが制作するアプリケーションにも対応し、さらに便利で楽しいものになることを期待したい。
なお、このiOS in the carは、自動車メーカー製の市販車に搭載される純正システムと連携することで利用可能になるため、各メーカーとの提携もしくは協力が不可欠。今回はすでに対応を表明している自動車メーカーとして、ホンダアキュラ日産インフィニティメルセデス・ベンツフェラーリシボレー起亜ヒュンダイボルボオペルジャガーという12のブランド・ロゴが発表された。自前で「G-BOOK」というサービスを展開しているトヨタは(今のところ)入っていない。何故か、先日発表した「iBeetle」で真っ先にアップルとの協力関係を明らかにしたフォルクスワーゲンのロゴも見当たらなかった。日産は入っていてもルノーがなかったり、シボレーはあってもキャディラックはなかったりと、同じグループ内でもブランドによって対応は分かれるようだ。

iOS in the car対応車が発売されるのは、前述のように2014年から。まさか以前のように、自動車メーカーは「まだ何も聞いていない!」なんてことはあるまいが...。今後も各メーカーの対応と反応が気になるところだ。

|

« スバル 1300 | トップページ | 布袋ぶらりん日和 2013 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/57574506

この記事へのトラックバック一覧です: iOS in the Car:

« スバル 1300 | トップページ | 布袋ぶらりん日和 2013 »