« 会社名はスバルですが・・・ | トップページ | 中部国際空港で会議 »

エンジンオイルの劣化

国土交通省のプレスリリースで

エンジンオイルの劣化による車両火災防止に向けた対策について

というのがありましたので転載。エンジンオイルは使用してもしなくても期間で劣化しますので、必ず定期的に換えましょう!

●エンジンオイルの適切なメンテナンスを怠っていると、エンジンオイルの劣化により潤滑不良に至ることでエンジンが破損し、最悪の場合、火災が発生することがあります。

●エンジンオイルは、自動車を長期間使用する場合だけでなく、エンジンが十分温まらない短時間の使用においても劣化が進行するため、トラックやマイカー等自動車のタイプや使用状況に関わらず、量と汚れについて、日常点検(http://www.tenken-seibi.com/tenken/pdf/sassi1.pdf)を実施しましょう。

●また、エンジンオイルは、一定の期間又は一定の走行距離ごとに交換が必要となりますので、メーカーが車両毎に推奨する交換時期や走行距離を参考に、整備工場等で交換を 実施しましょう。

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000063.html

添付資料のリンク先PDF(2.1MBとちょっと大きいけど)

資料の後半に再現実験をしてますよ。

|

« 会社名はスバルですが・・・ | トップページ | 中部国際空港で会議 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/55646185

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンオイルの劣化:

« 会社名はスバルですが・・・ | トップページ | 中部国際空港で会議 »