« 例会講師に | トップページ | 2012 賀詞交歓例会 »

日本の「軽」は不合理・廃止を…米自動車大手?

読売新聞 1月14日(土)21時38分配信

【ワシントン=岡田章裕】米通商代表部(USTR)は13日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に日本が参加することに対する意見公募を締め切った。

 米自動車大手3社(ビッグスリー)で組織する米自動車政策会議(AAPC)は、日本の自動車市場の閉鎖性を理由に「現時点では反対」と表明し、参入障壁となっている軽自動車規格については、「廃止すべきだ」と主張した。

 今年秋の大統領選を控え、大きな雇用を生んでいるビッグスリーの政治に対する影響力は大きい。月内にも始まるとみられる日米の事前協議で自動車分野は大きな焦点で、交渉は難航が予想される。

 AAPCは、日本独自の軽自動車規格について、「市場の30%を占めているが、もはや合理的な政策ではない」と批判した。日本の技術基準や、認証制度などの規制も参入の障害になっており、透明性が必要としている。1990年代後半からの日本政府の円安誘導政策も、米国車に不利になっていると指摘した。

TPPに関しての報道ですが、よく読むと意見公募を締め切ったとあります。AAPCという組織の意見ですね。TPP交渉で出たわけではありませんね。

これに関してジャーナリストの清水和夫さんがわかりやすくコメントを出されてます。

今夜TPPに関する米国自動車業界AAPCについてコメントします。

J-WAVE JAM THE WORLD
●ナビゲーター  ; 津田大介さん(メディアジャーナリスト
●番組放送時間  ; 毎週月〜金曜日 午後8:00~午後10:00(2時間プログラム)

で、番組からの質問状がきましたが、日本の大手メディアが報じたことを前提としているので、ちょっと交通整理が必要ですね

・米国通商部はハワイで野田総理がTPPに参加すると表明したことを受けて、多岐に渡る分野からパブコメを募集 ・自動車部門はAAPC(米自動車政策会議)がコメントを発表しました。

・AAPCの主たる主張はすでにアジア諸国とTPPの協議を進めてきたので日本がTPPに加盟すると議論が遅くなるから、というのは反対の本当の理由です。この話しはAAPCのパブコメとしてWEBで公開されています

・軽自動車の話など米国メーカーもよく承知しており、軽規格が撤廃されようとされまいと彼らの利益とは無縁なのです。それを日本の大手メディアが軽自動車枠が自由貿易を妨げていると、まるで80年代の議論をふっかけているのです。日本のお馬鹿チンメディアがです。

・優先順位の低いほうに軽問題がかかれるのは、いつものこと。そんなことにこだわっているのはむしろ日本なのですね。

・日本がTPPに加盟して問題となるのは、為替介入です。市場原理に任せるというのは自由貿易の原則。政府が輸出産業を保護する政策こそ、時代遅れだと思うのですが(これは個人の意見ですとにかく、わらちゃうのは日本がTPPに加盟するとアセアンとの提携が遅れる〜というのはホンネのようです。ビッグ3はそんな小さなことにこだわっていませんよね、オバマさん。

|

« 例会講師に | トップページ | 2012 賀詞交歓例会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/53757527

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「軽」は不合理・廃止を…米自動車大手?:

« 例会講師に | トップページ | 2012 賀詞交歓例会 »