« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ジャイアンツのバス?

先日、出張で磐田市まで行ってきた。帰りに見つけたバス。宮崎まで?

Img_0573

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の「軽」は不合理・廃止を…米自動車大手?2

清水和夫さんのFACEBOOKからです。H24.1.27付

今日の国会質問で新党日本代表の田中康夫先生はやっちゃいましたね。何度も書いてますが、アメリカが日本のTPP参加反対は軽自動車が閉鎖的な規格だからで はなく、もっと他の理由があるのです。GMに正式に取材したのですが、AAPC(米国自動車政策会議)の関係があるのでペーパーではコメントできないが、 口頭で話してくれました。

AAPCが日本が加盟することに反対のは「交渉が遅れること」「為替介入すること」が主な理由。軽自動車問題は末尾に付け加えられていたのですが、最近は 公式コメントから軽自動車問題は削除されました。GMは口頭で軽自動車に関しては「We are neutral」と述べています。GMは本件に関して取材を受けたのは清水さんだけですとも述べていました。

大手メディアから政治家の先生まで大きな間違えを犯して議論しているのですね。仮に軽自動車が主な理由だとしても、メルセデスはスマートで軽自動車規格を 取得して黄色いナンバーで売ったことがあるのです。つまり軽規格は決して閉鎖的ではないのです。軽規格を取得すれば誰でもどの国のメーカーでも販売可能ですから。

むしろ関税では日本はゼロ、アメリカは乗用車2.5%、トラック10%、州によってはゼロエミッションのクルマをある一定の割合で販売しないいと普通のガソリン車が売れないというZEV法(ゼロエミッション法)があるくらいですから、どっちが閉鎖的でしょうか?

GMと電話インタビューした内容は来月号のエンジン誌で正確にレポートしますが、エコカー減税も日本で販売するGM車は取得予定してますし、日本のユーザーが欲しがる小型車(ソニック)を精力的に販売開始しています。

80年代の「米国車VS日本車」のデジャブを見ているような間違った議論はもうやめましょう。米国自動車メーカーは2008年以降、大きく変わり始めたのです。

ちなみに今年はアメリカで大統領選挙があるので、共和党は日本バッシングの度合いが強めています。AAPCはそうした政治的なイデオロギーを受けているの でビッグ3のホンネはちゃんと取材しないと分からないと思います。自動車に詳しいと言われる専門家も間違った認識でレポートを書いているので、火消しが大変なのですが。

もっと勉強しないとね。...φ(._.*)y-。o0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水谷ミミさん

昨夜は商工会議所青年部の事業で西尾張地区の合同事業に参加してきました。

H2401251

さて、この事業では講演会と懇親会が行われるのですが、今回の講師は

「水谷ミミさん」

私が中学生の頃、深夜ラジオのDJやレポーターなどをしてみえました。ご存じの方は「もうすぐ30」というレコードが売れたことを覚えてみえるでしょう。今回の入場曲は「しわしわ音頭」というあまり売れなかった曲でした。講演は熱が入られたのか、予定を大幅にオーバー。その上、今回はプレゼントがあると。

そう、ミミさんとじゃんけんをして勝ったおひとりに戴けるという「ドンペリ」

このじゃんけん大会、85名×1名で2回戦を終えたら、一宮のM先輩と私の二人が勝ち残ってしまいました((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

ここで戴くのも微妙だなあと思いつつ、講師の横へ。ここで講師から提案が

「負けるが勝ちなので、負けた方にプレゼント!」と。

そうしたら、なんとじゃんけんに勝ってしまったのであります・・・・。
そう、目の前でドンペリは先輩のものと。(;´д`)トホホ

ここで講演会は終わり、懇親会へ。

Nobunagame これは懇親会ででた「信長めし」

ここで、残念でしたと終わると思いきや、なんとミミさんが気を使って戴きまして、講演会で使用した「本」を私にプレゼントしてくれました。そのときの写真がこれ!

Photo

ということで、こんな素敵な夜を津島YEGのみなさんにプレゼントしていただきました。ちなみにドンぺりは先輩の計らいで懇親会で飲ませていただきました。

美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコカー補助金 復活?

すでにTVCMなどで始まったように錯覚されてますが、実はまだ発表があっただけで、決まってないんですね。

エコカー補助金について、経済産業省から発表がありました。

一定の燃費基準を満たすエコカーに対し、乗用車10万円、軽自動車7万円の補助を行う。

というものです。

対象は、2011年12月20日から2013年1月31日までで

新車新規登録(登録自動車)または新車新規検査届出(軽自動車)された自動車

申請受け付けは国会での成立後に開始される見通し。なお、申請総額が予算額を超えた場合は、締め切り前でも受け付け終了となる。

国会で決まってからなんですがね。

ちなみに減税はずっと行われてまして、

自動車重量税と取得税がエコカー(案件の決まっているもの)に対して、新車の時と車検期間更新の時に軽減されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 賀詞交歓例会

もう参加することはないだろうと思っておりました江南青年会議所の賀詞交歓例会に江南YEGの会長のお供として、参加して参りました。

卒業から6年くらいかな。ほとんど知らないメンバーばかりになっておりましたが、テーブルの先輩方は旧知の方ばかりで楽しい会となりました。

一緒に全体事業を担当した理事長さんの挨拶は口パクではないかと間違えるほど流暢で、頼もしく思えました。アトラクションはなくても現役メンバーみんながステージに上がり、マイクを持つという趣向も納得。おかげでお酒をつぎに来てくれる時間も少なくて助かりました。

セレモニーといい、若い我ら合唱といい。ちょっとした同窓会気分でした。

H2401191_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の「軽」は不合理・廃止を…米自動車大手?

読売新聞 1月14日(土)21時38分配信

【ワシントン=岡田章裕】米通商代表部(USTR)は13日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に日本が参加することに対する意見公募を締め切った。

 米自動車大手3社(ビッグスリー)で組織する米自動車政策会議(AAPC)は、日本の自動車市場の閉鎖性を理由に「現時点では反対」と表明し、参入障壁となっている軽自動車規格については、「廃止すべきだ」と主張した。

 今年秋の大統領選を控え、大きな雇用を生んでいるビッグスリーの政治に対する影響力は大きい。月内にも始まるとみられる日米の事前協議で自動車分野は大きな焦点で、交渉は難航が予想される。

 AAPCは、日本独自の軽自動車規格について、「市場の30%を占めているが、もはや合理的な政策ではない」と批判した。日本の技術基準や、認証制度などの規制も参入の障害になっており、透明性が必要としている。1990年代後半からの日本政府の円安誘導政策も、米国車に不利になっていると指摘した。

TPPに関しての報道ですが、よく読むと意見公募を締め切ったとあります。AAPCという組織の意見ですね。TPP交渉で出たわけではありませんね。

これに関してジャーナリストの清水和夫さんがわかりやすくコメントを出されてます。

今夜TPPに関する米国自動車業界AAPCについてコメントします。

J-WAVE JAM THE WORLD
●ナビゲーター  ; 津田大介さん(メディアジャーナリスト
●番組放送時間  ; 毎週月〜金曜日 午後8:00~午後10:00(2時間プログラム)

で、番組からの質問状がきましたが、日本の大手メディアが報じたことを前提としているので、ちょっと交通整理が必要ですね

・米国通商部はハワイで野田総理がTPPに参加すると表明したことを受けて、多岐に渡る分野からパブコメを募集 ・自動車部門はAAPC(米自動車政策会議)がコメントを発表しました。

・AAPCの主たる主張はすでにアジア諸国とTPPの協議を進めてきたので日本がTPPに加盟すると議論が遅くなるから、というのは反対の本当の理由です。この話しはAAPCのパブコメとしてWEBで公開されています

・軽自動車の話など米国メーカーもよく承知しており、軽規格が撤廃されようとされまいと彼らの利益とは無縁なのです。それを日本の大手メディアが軽自動車枠が自由貿易を妨げていると、まるで80年代の議論をふっかけているのです。日本のお馬鹿チンメディアがです。

・優先順位の低いほうに軽問題がかかれるのは、いつものこと。そんなことにこだわっているのはむしろ日本なのですね。

・日本がTPPに加盟して問題となるのは、為替介入です。市場原理に任せるというのは自由貿易の原則。政府が輸出産業を保護する政策こそ、時代遅れだと思うのですが(これは個人の意見ですとにかく、わらちゃうのは日本がTPPに加盟するとアセアンとの提携が遅れる〜というのはホンネのようです。ビッグ3はそんな小さなことにこだわっていませんよね、オバマさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

例会講師に

今年最初の行事である青年部例会に名古屋市長「河村たかし氏」が来て下さいました。夏に豪雨で流れたものを、市長と委員長の熱意で実現。

最前列で聞いておりましたが、迫力に圧倒されるとともに、ご自分の信じる道をぶれずに進んでいる話が聞けました。

Kawamurasi

写真は会長から記念品贈呈の場面です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人の集い

JC在籍中はお手伝いしていた江南市で実行委員会が開催する成人の集いに長女が参加してきました。あの頃は懸命で設営のお手伝いをしていたので、冷静に見たのは初めて。後輩たちは頑張っておりました(^○^)

Hatati

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランドチェロキー

昨年より待ちに待ったクルマの納車です。

Photo

ナビがなくて、対応するキャリアもなくて。

でも新しいクルマはいいものですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします

昨年はいろいろとあった年でした。

今年はどんな出来事が・・・・・。

期待をこめて、本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »