« クルマが不足する | トップページ | チャッティー »

特約でも知られてないもの

東日本大震災で被害を受けた自動車の大半に、損害保険金が支払われないようである。テレビでクルマが流されるのを見て、保険会社の支払い大変だなぁと感じてみえた方もおおいでしょう。

ところが車両保険の契約では、地震、津波などは支払わないと明記されているのです。車両保険は自分の車が壊れた際に補償する保険です。 物損事故で損害を受けたり、自分でぶつけた場合などに保険金が支払われる。

ただ、震災被害で保険金をもらうには、「地震・噴火・津波危険補償特約」などと呼ばれる契約に加入する必要があったのです。この特約は通常、話題に上ることもなく、ひっそりと書かれていているのです。実際、損保会社はこの特約を積極的に販売してこなかった。 大地震や津波などの震災が発生すると、多くの自動車が損害を受けやすく、損保会社は多額の保険金を支払う必要が生じ、経営に影響が及ぶ恐れがあるからです。

住宅や家財の損害を補償する地震保険の場合、政府が再保険を引き受けていて、震災で保険金の支払いが一定額を超えると、5割以上を政府が負担するため、 保険会社の経営問題にまで波及する心配はない。 これに対し、自動車の損害補償は民間のみが引き受けるため、損保会社の負担が大きいのです。

|

« クルマが不足する | トップページ | チャッティー »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/51436732

この記事へのトラックバック一覧です: 特約でも知られてないもの:

« クルマが不足する | トップページ | チャッティー »