« 2月もおわり | トップページ | 愛北病院 解体 15 »

21年度のグリーン税制

これまでのグリーン税制による特典は適合車に限り以下のものがありました。あまり大きくアナウンスされてませんが、両方合わせて数万円のメリットがありました。

1.取得税の軽減
2.自動車税の軽減

ところが21年度からは大きくメリットが出てくるようです。
ただ、グリーン税制適用車でないとだめです。
(自家用乗用のみだと思われます)

1.取得税について(H24.3.31まで)
a.次世代自動車は  免税=0
「ハイブリッドカー」や「クリーンディーゼル」車など

b.低公害車は程度により75%か50%減免
低公害車とは排出ガスの基準が低減されているものです
これは各クルマ、カタログなどで調べないといけません。

2.自動車税について(H22.3.31まで)
排出ガス基準で50%か25%減免
*クルマにより制限があります!

3.自動車重量税について(H24.3.31まで)
a.次世代自動車は  免税=0

b.低公害車は程度により75%か50%減免

この減税は大きいですね。この減税は法案が成立すれば4月からの適用だそうです。それでも、この状態では現在のクルマが売れませんので各メーカーそれぞれ対応しているようです。よく調べると、トータルでは今購入した方がお値打ちになる場合があります。

一度、ご相談に来てみて下さいね。

まだ最終的に決まっていないことなので、なかなかネットでも詳細をまとめある場所はないようです。

|

« 2月もおわり | トップページ | 愛北病院 解体 15 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/44268622

この記事へのトラックバック一覧です: 21年度のグリーン税制:

« 2月もおわり | トップページ | 愛北病院 解体 15 »