« 水温計の異常 | トップページ | SP(ドラマ) 特別編 »

適合証はこんなこともある。

車検時の自動車重量税、民間車検場ならば17日以降、半額以下になる可能性

自動車重量税の暫定税率が今月30日で失効した場合、5月1日から継続車検で、支払う2年分の重量税は、「カローラ」クラス(約1.4t)のマイカーの重量税額は、3万7800円から1万5000円へと半額以下になる。

車検を陸運支局に持ち込まず、民間車検場で継続受検した場合、車検証代わりの「保安基準適合証」が発行される。適合証は15日間有効で、重量税は適合証を運輸支局に提出した時に支払われるため、5月1日以降、暫定税率が失効してから適合証を提出するよう業者に依頼すれば税額が安くなる。

しかし、書類の不備や車検が集中して手続きが遅れ、車検が切れる危険もあるため、日本自動車整備振興会連合会では「車検切れ」の注意を促している。

さて、噂の暫定税率は何があっても30日には可決されますから、ありえないでしょうが、こんな話が記事で出てくるようになりました。ホント暫定というだけで何年も私たちから徴収できるのって、問題だとは思いますね。ひとつに法律でいくつかの法律を調整できるなんて、よく考えたモノです。頭の良い人はこういうことを考えるのが上手ですね。

それにしても保安基準適合証を発行するというのは重い仕事ですね。私たち、いわゆる民間車検場はこういう権限を任されているから、みなし公務員といわれる所以です。あらためて気を引き締め直して役人さんのように頑張らないと...。(←嫌みではありませんよ、ホント)

|

« 水温計の異常 | トップページ | SP(ドラマ) 特別編 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/40923818

この記事へのトラックバック一覧です: 適合証はこんなこともある。:

« 水温計の異常 | トップページ | SP(ドラマ) 特別編 »