« カスタマイズ | トップページ | インドの携帯電話から »

バッテリー価格上昇

最近は変なというか、これまでの常識では考えられない事件が起こりますが、ちょっと前までは鉄の盗難が報道されてましたね。で、今回気になった報道は

乗用車やバスなどのバッテリーが盗まれる事件が鹿児島県で多発している。
 これまで年に2、3件だったが、今年に入って3月末までに11件、約400個と急増。主材料の鉛の価格高騰が背景にあるとみられ、県警は手口が似ていることから、同一犯の可能性もあるとみて窃盗容疑で捜査している。東京の大手金属リサイクル業者によると、鉛の価格はここ5年間で3~5倍にはね上がり、昨年1月に1トン当たり約24万円だったのが、10月には50万円を超え、現在も32万円前後で取引されている。
 北京五輪に向け建設ラッシュの中国や、自動車生産が増えているインドなどでの需要の高まりが背景にあるとみられている。

確かに昨年夏頃から鉛の価格が上がったという理由でバッテリー価格が上がっていたのは事実。そして、貨物車はバッテリーが荷台などの下に付いていますし、工具で簡単に交換ができますから、盗むのは簡単といえば簡単です。それにしても、これもないとエンジンがかかりませんし、買えば高いし。貨物車はわりと屋外に止めてあることも多いですしね。困ったモノです。

|

« カスタマイズ | トップページ | インドの携帯電話から »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/40802076

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー価格上昇:

« カスタマイズ | トップページ | インドの携帯電話から »