« 名古屋駅前へ | トップページ | 吉瀬美智子さん »

プライバシーガラス

軽自動車でもなんでも2ボックスのクルマを見ていると後部座席以降のガラスに色が付いていて、暗くなっているモノが多いことに気が付きます。ステーションワゴンもミニバンもです。これ、昔はフィルムを買ってきて自分で付けたり(空気穴が入って、後々みっともないことになりましたな)、業者に施工してもらったりしたものです(ちなみに運転席左右は透過率の割合が決まっていて、ほとんどものは保安基準に違反となります)。ガラスの着色次第では夜は暗くて運転に支障が出たりもしました。

ところが、今では新車購入時にメーカーオプションとして選択ができるようになってます。左右より後の着色が薄くなっているなど考慮もしてあります。また、後で業者に施工してもらうよりは金額的にも安く、夏などの日差しが気になるなどの方にはありがたいモノです。

しかし、年輩のお客様などはあまり好まれないので、着色なしのグレードを選択すると在庫が無くて、納期に日数を要することが多々あります。まあ、着色ガラスのグレードの方が売れているわけです。

今、ゴルフなどの欧州車を購入しようとすると、このオプションがない場合が多いことをご存じでしょうか?

この理由はなんでしょう?欧米ではプライバシーガラスはリサイクルに向いていない体ともいわれてますが、渋滞が多く空間での時間を大切にする貴重品としてとらえている国内と運転自体と風景を楽しみクルマをただの道具としてとらえている違いがあるのかもしれません。

ちなみにヨーロッパで大衆車のレンタカーを依頼するとATはほとんどないらしいですよ。

|

« 名古屋駅前へ | トップページ | 吉瀬美智子さん »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

私は、プライバシーガラスは、後方が見にくくなると思っていたので、嫌いでしたが、プライバシーガラスの車に、夜に試乗してみたら、それほど気にはなりませんでした。
そこで、今の車を購入することにしました。
プライバシーガラスの役割としては、セキュリティーの強化(後部座席やワゴンやワンボックスの場合荷室が外から見えない)とエアコンの効きを良くするものがあると思います。
ただし、後方の見通しが悪くなる場合は、これらの役割を期待する以前に、安全に関しての問題があるので、実際に試してから導入するのが良いと思います。
後続車への感謝の意思表示も、最近は挙手ではなく、ハザードランプを使うようになったので、安全面で問題がなければ、選んでもいいような気がします。

投稿: ca-man | 2008年2月16日 (土) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/40121050

この記事へのトラックバック一覧です: プライバシーガラス:

« 名古屋駅前へ | トップページ | 吉瀬美智子さん »