« 吉瀬美智子さん | トップページ | 今クールのドラマ »

中古パーツ

中古パーツというモノがあります。中古パーツの中でもドアとかの外装品はまさにそのままクルマから外した状態でおくられてくるモノがありますが、こちらは色や状態などにより、ご希望に合わない場合があり、在庫なしという返事が返ってくることもあります。もちろん現状渡しとなりますので、ドアなどでパワーウインドウが付いていて、取付後数日で故障することも考えられます。もちろん保証はありません。多少のリスクはありますが、それでも新品のパーツを購入して塗装をかけるよりはお値打ちにできます。

また、中古品の中でも、リビルト品といってゴムなどの劣化や疲労する部分を新品のモノと交換し調整したことで新品同様に再生されたモノがあります。リビルト品はドライブシャフトとかオルタネータなどがよく出ます。まあ、テストなどをされたモノしか販売されませんので、保証を付けてくる場合もあります。そして、値段も新品の6~7割で、間違いなくお値打ちです。今ではほとんどの整備時にこちらの問い合わせをしています。

こういった中古パーツは、すでにみなさんが考えているより私たちのような整備工場では、かなり使われてまして、窓口となる会社も全国ネットで在庫を確認できるので、九州や北海道の在庫が直送されることも多々あります。

もちろん、必ず適合するモノが見つかるとは限りませんので、絶対とは言えませんが、お勧めしています。

|

« 吉瀬美智子さん | トップページ | 今クールのドラマ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

12年式頃のフォレスター(グリルが縦スリット)の購入を考えています。水平対向のエンジン、4WDも初めて所有することになるので少し不安があります。この車の欠点(修理代が高い、燃費が悪い、故障しやすい 等)があれば教えてください。
ちなみに角松敏生を昔よく聴いてました。
よろしくお願いします。

投稿: よし | 2011年6月 1日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/40143824

この記事へのトラックバック一覧です: 中古パーツ:

« 吉瀬美智子さん | トップページ | 今クールのドラマ »