« ステラ 一部改良 | トップページ | ステラ新CM »

ダイハツ タント

軽バンの少しボンネット部分が出たクルマのダイハツ・タントはそれほど人気は出ないだろうと思っていたようで、スズキは対策車を作らなかったんですが、ここにきて今では人気モデルになってます。急遽ワゴンRではタントカスタムの対策でスティングレーというグレードを出しました。これが値段の割にはなにかと装備がついていることと、bBのような雰囲気もあって、ワゴンRでは当たってます。

それでもタントの市場を見逃すわけもなくタント相応のクルマで「パレット」という車種をモーターショーで発表してきました。まあ、あとから出すだけ、有利だと思っていましたからそれほど出来も驚かなかったんですが、

なんとダイハツも負けじと次期タントを発表していました。これから若い奥様にとってはスライドドアが必要なようで、よく市場を研究し、採用してきました。その上、ラウムやアイシスのような左側のセンターピラーを無くしてきた。ボディ剛性、重量など軽では難しいはずなのに。おそるべしダイハツ、おそるべしトヨタの技術である。ここまで軽自動車に必要かどうかはわからないけど、ダイハツというメーカーはコペンの時、ソアラ風のオープンカーを作ったりと、イメージ戦略は上手いと思う。

|

« ステラ 一部改良 | トップページ | ステラ新CM »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/17064155

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハツ タント:

« ステラ 一部改良 | トップページ | ステラ新CM »