« HDDナビの故障 続き | トップページ | アジアカップ »

タイヤ

タイヤです。唯一地面と接地しているもので大きさは1本のタイヤではがき一枚分とも言われてます。決められたサイズのモノを決められたタイヤ圧で走行しましょう。もったいないからといって、交換せずにいると出先でタイヤがバースト(破裂)してかえって、時間とお金を浪費することになります。

走行や舵取りをしますが、特にタイヤの溝は雨天走行時などで路面とタイヤの間にある水を排出し、しっかりと接触させています。水が排出できないとプールサイドで走っているような状態になりますからお分かりですよね。

タイヤは走行すれば摩耗します。どのタイヤにもスリップサインというモノがあり、これは残り溝1.6mmの目安です。1カ所でもスリップサインが出たモノは交換しなければなりません。そして、走行速度から推測すれば分かりますが、タイヤはスゴイ速さで回転してます。圧力のかかり方も半端ではないです。偏摩耗(偏った摩耗)や亀裂、損傷、経年劣化によるヒビがある場合は溝の有無にかかわらず交換しましょう。

ちなみにスタッドレスタイヤは残り溝が6mm程度(約50%の残り溝)がスタッドレスとしての使用限度です。交換を知らせるサインがタイヤの4箇所に有り、1箇所だけでも溝と並ぶと、スタッドレスとしては使用できません。そして、ここからはゴム自体が固くなりノーマルタイヤより能力は落ちてきます。スタッドレスタイヤを冬季以外に使用している場合はこのリスクを背負っていることを忘れないで下さい。

|

« HDDナビの故障 続き | トップページ | アジアカップ »

クルマの手入れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/15947691

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ:

« HDDナビの故障 続き | トップページ | アジアカップ »