« W880i | トップページ | 花火総会 »

ブレーキライニング

Brs01

これがブレーキライニングと呼ばれるパーツです。リヤブレーキとして採用されるクルマが多いです。ドラムブレーキといいますね。

さて、ドラムブレーキはブレーキライニングをブレーキドラムというものに押しつけることで発生する摩擦力によりクルマを減速、停止させます。

Brs02 ブレーキライニングはディスクパットの時と同じように摩耗材部分があり、この部分が消しゴムのようになくなっていきます。対してブレーキライニングは金属でできています。定期点検時にブレーキドラムを外して確認しないとわかりません。

ブレーキライニングが摩耗してなくなってしまうとブレーキライニングの金属部分だけになりますので、この金属部分とブレーキドラBrs03 ムが直接接触してしまい、ブレーキドラムが損傷してしまいます。また、当然ブレーキの効きが不安定になり、止まれるはずの距離で止まれなくなったりして、非常に危険です。もちろん事故の原因にもなりますね。

ブレーキドラムの損傷は交換が必要となるばかりか、ホイールシリンダーと呼ばれるパーツにも影響が出る場合があります。

Brs04 ちなみにホイールシリンダーカップキットというパーツが車検時に交換されると思いますが、これはゴムでできているため、3年以上経つとオイル漏れを起こしていることがたまにあります。これの交換もやはり自動車屋へ行きましょう。

|

« W880i | トップページ | 花火総会 »

クルマの手入れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/15161860

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキライニング:

« W880i | トップページ | 花火総会 »