« 黄色い涙 続き | トップページ | W880i »

ブレーキパット

Brp01 Brp02

左が新品の状態のブレーキ(ディスク)パットです。
右側が消耗して交換したブレーキパットです。

黒い部分が減っているのがわかります。この部分が減ることでクルマを止めているわけです。ブレーキパットは金属部分と摩耗材の2層でできています。

Brp03 こういう形状のブレーキをディスクブレーキと呼んでます。
ブレーキパットで円盤状のディスク・ロータというものを両側(内側と外側)から挟み込み、その摩擦力で車を停止させるモノです。

摩耗材の部分が消しゴムのように少しずつ減っていき使用限度近くにな ると「キーキー」と音がするようになります。こうなったら交換時期です。これを過ぎると摩耗材がなくなり「キーキー」音がしなくなります。ディスクローター部分の金属とブレーキパットの金属部分が当たるため、ゴーゴBrp04 ーというかもしれません。(イケイケの意味ではありませんσ(^◇^;))

この場合、ディスクローター部分が損傷していますので、ディスクローターまで交換することになります。もっとひどい場合には、ディスクキャリパと呼ばれるブレーキパットを挟んでいるパーツまで損傷することになります。

Brp05 ただ部品を交換して余計な費用がかかるだけではなくて、ブレーキの効きが不安定になりとても危険です。ブレーキパットはタイヤを外してみないとわからないですが、日頃から自分のクルマの異音に注意していれば良いと思います。変な音がしたらクルマ屋さんに出かけましょうね。

H261224訂正

|

« 黄色い涙 続き | トップページ | W880i »

クルマの手入れ」カテゴリの記事

コメント

> 右が新品の状態のブレーキ(ディスク)パットです。
> 左側が消耗して交換したブレーキパットです。

左右逆では?

投稿: cars | 2014年12月12日 (金) 21時06分

ご指摘ありがとうございます(^▽^;)

投稿: 管理人 | 2014年12月24日 (水) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/15112883

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキパット:

« 黄色い涙 続き | トップページ | W880i »