« サラリーマンNEO | トップページ | 総会でした »

叱ってもらう

自分の子供を叱ることは多々あるんだけれども、この歳になって叱ってもらうことはねえなあ。昨夜見ていたあるドラマで「羨ましいなあ、叱ってもらえるなんて」というセリフから思ったことです。

考えてみれば、40歳で卒業したある団体(どこかはバレバレだな(^^ゞ)では、入会から卒業まで叱ってもらうことが当たり前のことでした。(今でも他の団体で続きをしているような気もしますが)30過ぎのいい大人にとってなぜか、それが修行でした。ホント40歳近くになっても、先輩には、事あるごとに叱ってもらっていた連続だったような気がします。その忠告は的を得ていましたし、その先輩には必ずリスペクトがありました。その先輩は納得させられるだけのことをしてみえたわけです。実際、訳の分からない先輩からの忠告には、くってかかったことも記憶にあります(マジです)。

「先輩から受けてきたことを残していかなければ、今まで自分がしてもらったことが無になる」という伝統の大前提に気がついてほしいですな。

|

« サラリーマンNEO | トップページ | 総会でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/15187483

この記事へのトラックバック一覧です: 叱ってもらう:

« サラリーマンNEO | トップページ | 総会でした »