« 休み明け | トップページ | 想定しておきましょう »

タイミングベルト

Tbelt03 エンジン構成部品のひとつであるタイミングベルトはエンジンの動力をクランクシャフトからカムシャフトに伝えているゴム製の歯つきベルトです。クランクシャフトの上下とカムシャフトによるバルブの上下のタイミングを取るためのベルトです。エンジンの中で吸入→圧縮→爆発→排出というサイクルを気筒の数だけ順番に行うためのとても大切な部品です。

Tbelt04 タイミングベルトはゴムでできているため、使用しているうちに劣化し、ひび割れ、伸びなどが発生します。熱や水、オイルなどにさらされると早く劣化が進みます。

ひび割れや伸びている状態で使用を続けるとベルトの歯が飛んでしまったり、ベルトが切れてしまいます。この場合、エンジンが止まってしまいます。また、最悪の場合はピストンがバルブを突き上げて、エンジン自体が駄目になるますので、エンジン載せ替えやエンジンの分解などが必要となります。まあ、古いクルマの場合は廃車となってしまいます。

Tbelt05 一般には国産車では10万キロを交換の目安とメーカーはしてます。ところが輸入車の場合はテンショナと呼ばれる部品の耐久性が悪いこともあり、メーカーによりますが、早めの交換をお勧めします。こういうところが輸入車の欠点ですね。それでも乗るだけの価値はありますが...。それにしてもタイミングベルトの交換はそれなりの出費ですが、まさかの時に費やす時間を考えれば安いモノだと思います。

自動車はホントいろいろな消耗部品がありますね。

|

« 休み明け | トップページ | 想定しておきましょう »

クルマの手入れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/15008218

この記事へのトラックバック一覧です: タイミングベルト:

« 休み明け | トップページ | 想定しておきましょう »