« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

打ち上げ

小学校のPTA打ち上げを行いました。幼稚園の時も思ったんですが、やはり一年間機能しての打ち上げというのはとても楽しいひとときです。参加する方も前向きに活動された方ばかりですしね。

ちなみに小学校のPTAはほとんど学校側が手配してくれますから、当日打ち合わせをして各行事をこなすことが仕事になります。時間を作ることが仕事なんですね。一年間でなんとなく学校の仕組みがわかっただけですが。これで最後のPTA総会が本当に最後になります。いやいやお疲れさまでした。

今回の打ち上げは2名の栄転される先生がみえたのでその方の送迎も含められてよかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07春の甲子園

今春の甲子園は地元の高校がでていないのであまり見てなかったんですが、今大会の目玉選手「中田君」は気になってました。まあ、彼が出場する試合付近をチェックして気がついたこと。

1.投手がたくさん必要なことと、変化球投手が多いこと

2.簡単なエラーが多くて、すぐに進塁させてしまうこと

3.打者ではボール球に手を出すことが多いこと

こんなことは少年野球でも注意することなんだけど、なかなか甲子園の大舞台では舞い上がってしまって、忘れてしまうのでしょうか。まあ、高校生ですから仕方がないことだとは思いますが。それでも上位に進出するチームは特にエラーが少ない気がしますね。野球は特にミスの多いスポーツですから、いかにその傷を広げないかが大切なんですよね。まあ、スポーツ全般ひいては仕事にもいえることだと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市への報告・お願い

地元まちづくり団体でとりまとめたアンケート結果を市の方へ報告とお願いに行ってきました。あいにく市長は親が倒れたということで不在でしたが、助役さんが対応してくれました。また、その報告は新聞の地方版でも報告してもらいました。

新しいまちづくりのため、古い町のシンボルがなくなるから、愛着があるかどうかとか、どんな方向がよいのかということを調べつつ、調査の仕方を覚えつつという感じの進め方でした。さすがに7000近くも配布して、半分以上が返ってきただけあって、熱い方も多くて様々なコメントを書いていただけました。まあ、何事にも反対賛成はあることなのでちょっとこれはというような書き込みも見受けられましたが、これまでの歴史を知るお年寄りからの書き込みが多いような感じでした。私が住むこの地区は織田信長の時代とか明治時代とかある意味、それぞれの時代で要衝を占めていたこともあり、古い建物が多くあったようで、それらを保存することなく、新しくしてきてしまったことへの悔恨が多々ありました。そういう意見をふまえて、無くなってしまってからでは遅いので今の活動をしているわけですが、活動している私たちも答えがないので難しい問題ではあります。

ちなみに市の広報活動が浸透しているなと思った書き込みには「市の財政が苦しい今」という文言が多かったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うえきや さん

高校生の頃に流行った「A LONG VACATION」という大滝詠一さんのアルバムがある。確かFMで「君は天然色」を聞いて、少ないお小遣いで購入したアルバムだ。このアルバムは当時としては珍しいモノで確か4枚ぐらいシングルが出されたんじゃなかったかな。そんなことで「大滝詠一」さんの虜になった私は、大学生になるときから、彼の音楽を追っかけた。そんななかで、彼はクレージーの研究家で「スーダラ節」の間奏は全部違うとか何とか聞いた。このころクレージーキャッツはドリフターズの兄貴分のコミックバンドだと決めつけていたが、この話を聞いて、今度はクレージーキャッツを追っかけた。クレージーキャッツはコミックバンドではなくて、ジャズバンドだった。日本で指折りの奏者もいるぐらいの。だから、報道でコミックバンドと書かれることには少し、違和感があるな。(でもこんなマニアックなことは売れる以前だから書けないのかな)

そんな歴史があって、僕の年代にしては珍しくクレージーキャッツは大好きだった。音楽はもちろん、ときどき深夜に放映されているクレージーの映画も見た。それでもメンバーでやはり光っていたのは「植木等」さんだった。居るだけでおかしい存在とはこのことだと思ったしね。そんな彼も80歳でお亡くなりになった。彼は死ぬまでクレージーキャッツの植木さんだったね。さて、劇中で植木さんが演じる「平均(たいらひとし)」なる人物がいるが、こういういい加減なキャラはなかなか実際には生きていけないだろうけど、理想ではありますな。

ちなみに今日の題名は、ある本の中であったんだけれども、植木さんのメンバーからの愛称が「うえきや」だということからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

WRX

クルマ好きなら、ご存じのスバルインプレッサのグレードです。WRXはこのクルマの2000ccターボエンジンのモデルで、STiというチューニンググレードもあります。実は1500ccから安価のモデルもあり、オヤジ車でもあります。

さて、このWRX STiは特殊モデルで通常の登録ではできないため、車検場にクルマを持ち込みんでの登録をさせられます。まあ、かなり高額なクルマなんですが、若者には人気があり、かなり古いモデルでも程度によっては今でも高額で取引をされているようです。ランサーエボリューション(ランエボ)と並んでおもしろクルマです。

このクルマよくフロントグリルが変わるため、何代かあるようにみえますが、実質は2代目までで、噂によると今年の6月ぐらいにフルモデルチェンジを予定しているとか。最近雑誌ではちょくちょく次期モデルのイラストがでてます。

さて、このクルマ、最近のモデルではブレーキにブレンボというメーカーを採用してます。このブレーキが素人が乗ってもわかるくらいの優れモノで、こういうクルマには必要なパーツのような気がします。まあ、こういうクルマでなくてもブレーキは大切なパーツだとは思いますが。このクルマが最近入庫したので写真を撮っておきました。一度ご覧下さい。かなり大きいブレーキキャリパーですよ。合わせて、大きい径のマフラーもつけておきます。これも後付けパーツですよ。200703271316481 20070327131713

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピアッツア

就職して買ったクルマがいすゞのピアッツア。うちはいすゞの乗用車のみを扱う子会社も経営していた時期があって(いまもあるんだが)、ジェミニとかアスカとかを併売していた。いすゞ車は実際身近だったわけだ。そして、実は子供の頃(といっても高校生かな)に一度ヤナセの営業マンが乗ってきたことがあった。そのころクルマにほとんど興味がなかった私がめちゃくちゃカッコイイと初めて思ったクルマだった。あの運転席ではなくて、まさにコックピットと呼んでもよいメーターやエアコン、ワイパー類のまとめ方はきっと量産すると高くつくんだろう。今のクルマでは見かけないです。

そして、就職してクルマを買う余裕ができたときに「イルムシャー」というグレードがジェミニ、アスカと同じくしてでていた。まあ、当時のホイールキャップは斬新だったな。最初は予算の関係でジェミニの「イルムシャー」か「ハンドリング・バイ・ロータス」がターゲットだったのだが、同じくしてヤナセから80周年かなにかの限定車でレカロシートの生地が違うとか、オートクルーズとかアルミホイールがついているモノがでて、この実車を見て一目惚れして購入を決断してしまった。

その後結婚して、子供が産まれるまでお世話になった。辛口評論は気にはなったけれども、今のようにカーナビとかもなかったせいかもしれませんが、所有してみるとそのまま不満はほとんどなくて、とても満足したクルマだった。まあ第一印象がずっとあったためかもしれないけど。今でも町で見かけると乗っている方が羨ましく思える。

ちなみにやはりこのクルマはジウジアーロデザインということで評判だったとともに、そのデザインモデルを忠実に量産化したことで当時は驚かれたそうだ。そして、量産化当時はドアミラーが駄目でフェンダーミラーで売られていたが、さすがにこれはいただけなかった。販売不振の原因は辛口評論とフェンダーミラーだぜ。

ちなみに2代目がFFジェミニをベースに作られたが、やはり本家の重厚なインパネにはかなわなくて、イマイチだった記憶があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の雑感

今週はホントいろいろな仕事に追い回されて、そんな中でも一応はお客様に満足していただける仕事もできたのではないかな。大丈夫かな?自分にとっては日常でも、みんなにとっては関係のないことで、ましてやクルマのお仕事をいただける友人、旧友は本当に年に数回しかあえない方ばかりなので、いつも時間を大切にするように注意してます。それでも満足していただけない方もみえるわけで、本当に仕事は難しいですね。

今週のブログ更新はかなりきつかったので、遅れ遅れになってしまいました。けど最近ブログを始めた友人がほぼ毎日更新しているので負けないように頑張ってます。

来週もガンバろっと。

PS
ゴルフのパーツのHPを送っていただいた方がみえたんです。きちんと見させていただきました。個人的には前のメールの方がよいかもしれないなと思いました。とりあえずの雑感です。申し少し調べてみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PTAも年度末

昨日は今年度最後のPTA活動。来月行われるPTA総会が実質は最後なんですが。
まずは、

会計監査委員会
PTAの会計監査です。まあ、学校が実質はされているのでほとんど問題はないのですが、印鑑を押される方がみえるのでしっかりやってね。というところでした。

続いて
役員選考委員会
来年度のPTA役員候補を最終選考して承認してもらった。あくまでも候補者ね。

次は
運営委員会
いつも常任委員会前に開催される文字通り、運営のための会。今回から来年度の役員さんも参加していただく。1年前に、なんか緊張して校長室にいたことを思い出す。時が経つのは早いなと実感。正面にそろっている来年度の役員さん方はやはり緊張気味。こういうときに校長室でお茶が飲めるんですよ。ちなみに役員さんとは会長、副会長(男女1名)、会計1名、会計監査2名の計6名のことです。

そしていつもの(そして最後の)
常任委員会
各地区からみえている常任委員23名の方と校長先生、教頭先生、会長、副会長(男)、校務の先生、教務の先生で行われる。基本的には一方的な資料による説明。

最後が
新旧地区委員長会
常任委員のことを別名地区委員長と言って、この会で各地区、各委員会の引継をし、初顔合わせも行う。

ということで半日かかりました。子供は既に卒業しているので、本当に奉仕活動ですね。それにしても逃げてばかりではなくて、こういう機会は少ないのでやはりトライしてみることは大切ですね。何事も経験です。こういう仕組みがわかったのに1年かかるんですよ。

しかし、なんか今週は年度末で仕事してないようなブログになっちゃってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポ少卒団式

毎日卒業やら卒団やら、今年の年度末はめちゃくちゃ忙しい。でもあと少しだ。

卒団式とは単位団で行われるモノで、母親が設営する。今年は市内の他団がすでに終わっていることと、間近に控えた選挙のためか市の本部長も来賓として出席された。

我が団の総監督(6年生の監督)は最後の試合間近でさえも、メンバー発表が涙でできないほどの泣き虫監督だから、この日の号泣は想定内だけれども、一番最初のセリフからボロボロでえらいことになってしまった。まあ、彼の苦労は痛いほどわかるので、僕のようにいい加減なヤツでも納得できる。ホント監督頑張ったもんな。負け続けた五年生の時は親からの不満が爆発して、結果的に6年生では2名の退団者を出してしまった。でも春先からは守備も安定し、優勝一回、準優勝2回と考えもしなかった快進撃をした。西尾張大会でも準優勝できたし。最初からなんでもみんなの希望通りに運営できるほど人間ができているわけではないし。

ということでこの日を以て、私も指導者退任させていただきました。これからは評論家として関わっていくことになろう...。←やっぱ評論家が一番!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校卒業式

30年前に卒業した学校に来賓として参加した小学校の卒業式。今時の卒業式は泣かせるしつらえはほとんどなかった。会場も縁談向きではなく親向きという設営で、卒業証書はひとりひとり手渡されるのだけれども、そのまま対面の親のところへ持っていくだけ。そして、送辞・答辞はないし、仰げばとうとしは退場の音楽だった。自分の時代とは会場も立派になったけれども、寒さ対策はなく、寒かったですわ。

それにしても父親の多いこと、そして、ビデオ隊の多いこと。みんな会社休んで子供の卒業式に出られるなんて....。羨ましい限りです。これも時代なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒団旅行2

20070318110805 2日目は6時頃起きて内海海岸へ散歩。しかし風が強くて、寒かった。

そして、数カ所回った後、「やきものの散歩道」というところに寄ってきました。

写真のような陶器を使ったまちづくりがされてました。常滑は陶器のまちだったんですね。全然知らなかったけれども、この散歩道を歩くと至る所に陶器の窯があったんだなということがわかりました。そして、その建物を利用して、アートなまちづくりをしてました。こういう特長を生かしたまちづくりはうらやましかったです。

私たちが歩いているときも、クルマに戻ったときもたくさんの来客がいました。お店も繁盛したんだろうな。20070318110745

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒団旅行1

1010134_img3/17、18で内海まで卒団旅行に行ってきました。これは宿の写真ですが、さすがにお値段通りの古い宿でした。けれども他にお客様が居ないことが救いで夜遅くまで子供達もコーチ達も起きて別れを惜しんでいました?

こどもたち一人一人呼び出して、楽しく話もできたしね。

1日目は夕方に出発でしたから、ホントのみに行っただけでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだやります?

JC卒業してはや2年目、卒業した同期は仲がよいのか、今でも月一回のペースで飲んでます。さすがに現役の話はほとんど出ませんが、あのころよりいろいろな話が出てとてもおもしろい会になってきてます。

みんないろいろなところでいろいろな体験をされているので楽しい会話です。JCバカにならなくてよかったです。

そして今年は統一地方選があります。個人の活動、公の活動は注意しましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラサクラ

今春もほていコミュニティ協議会の「ほていかわら版」を発行する季節になった。早いもので10号目。年3回として4年目を迎えることとなる。始めた当時は何を書いたらよいか、ライターの友人と悩んだモノでした。流石に4クール目になるため、表面の記事は例年行われる行事が中心となるため、その情報収集だけで何とかなるようになってきた。

そんな記事の中でこの時期は「ほてい・春・まつり」や大仏様ライトアップで桜を中心とした話題で埋まる。ところが今年は暖冬で桜の開花が早まることが予想されている。4月1日発刊予定のためひょっとすると既に桜が散っている可能性がある。その上、今年は統一地方選挙のため春祭りが1ヶ月遅くなって5月の開催となってしまう。これも微妙にタイミングを逃すような気がするけれども、今更レイアウトは変更不可能。

そして、もうひとつ、現在大仏様付近は車両進入禁止のため、ライトアップはするが例年のように出店をすることもなくなりそうだ。

ということで今年はポイントずれているかもしれません。スミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年度末

年度末はなにかとせわしい。年末よりせわしい。今月中に自動車の整理が行われる事が多いからです。軽自動車は整理しなければなりませんがね。

自動車業界では自動車税の請求が4月1日現在で行われるため、3月中に自動車を廃車したり、譲渡(他人に譲る)したりします。そのため陸運局の業務が混雑し、何時間も処理にかかるようになります。ところが自動車税というのは(軽自動車にはありませんが)月ごとで請求されたり、返還されたりしてもらえるので、実はあわてて車の整理をしなくても大丈夫なんです。たとえば5月はじめに年間の自動車税を納めた場合でも6月に廃車したり譲渡したりすれば、7月以降分が県税より還付されます。元の納税者に還すのがルールなんですね。だからあわてて整理する必要はありませんよ。クルマは売る時は安いけど、買う時は高いんですから。

という言い訳で楽をしようとしているんじゃないかって?

そうかもしれませんが、ところがどっこい一番大切な事はお客様の利益なんですよ。それを考えるからケースバイケースで対応しているんです。

みなさん、クルマの相談は私にしてくださいね。

という、弊社の宣伝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

左ハンドル

ある方からのコメントを見ていたら、

先日、VWゴルフを運転する機会がありましたが、
右ハンドルであるにもかかわらず、
いまだに、ウインカーとワイパーのレバーの位置が、
国産車とは逆ですね。
かなりの台数を日本で売っていると思うと、
なんかナメられた感じがするのは私だけでしょうか。

とありました。

考えてみたらそうですよね。かなりの台数を日本で売っていると思えば変更することは可能でしょう。それとも日本人がこちらのほうが外車に乗っている気がするからうれしいのでしょうか?

ちなみに既に販売していないスバル トラヴィックは販売当初は左ウインカーでしたが、スバル車というカテゴリーでの商売のためか、販売途中で国産車と同じ右ウインカーにして販売してました。それでも売れませんでしたが、個人的にはキビキビして楽しいクルマだった記憶があります。スバル車としては水平対抗エンジンでないから×、外車としてもオペル車だから×だったんでしょうか?トラブルはモデル末期では少なかったんですが。

ここまで見越して作ってこないなら大したものですがね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

退団式にあたり

市で行うのは退団式、単位団で行うのは卒団式というらしい。違いは分からないけど。

さて、指導者の役割には子供を試合や練習する会場に送り迎えすることもある。そこで気がついた事。別にどうしても言ってもらいたいわけではないんだけれども、常識として乗った時には「お願いします」、降りる時には「ありがとうございました」というものだと思っていました。しかし、いつでもこの言葉を発する子供は決まっていました。さんざん子供たちには挨拶の重要さを説いた上でです。こういう子供の違いを見るとやはり家庭での教育がベースなんだなと痛感します。子供によっては翌日の備えをきちんとして自分で自転車で来ますが、何も考えずに汚いスパイクやグローブで参加する子もいます。別にどうでも良い事かもしれないけれども、実は大切な事ではないかなと思った指導者の独り言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言い訳が下手だな

プロの選手になったわけでもないのに、1000万円ものお金を受け取っておいて、後で返すつもりだったという言い訳ってどうなのよ。

お金のかからない事務所の経費で年平均500万円も計上しておいて、説明する責任がないという言い訳ってどうなのよ。

政党の代表なの、誰も納得できない説明をしておいて説明できたという話ってどうなのよ。

なんでもかんでも国が悪いと訴訟して負けて、でも国が悪いという話ってどうなのよ。

大人なんだからもっとちゃんとした言い訳しろよと、どこのマスコミも攻めないな。これからはテレビも視聴率でなくて、報道満足率とかにしたほうが、一生懸命番組作るんじゃない?

いずれにしても、裏があるから言い訳がヘタなんだろうな。ということにほとんどの常識ある人は気がついているんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやな奴

米中韓とは仲良くしてるんだから、おまえもつきあえやと言っているのかな。おまえだけ仲間はずれだよと、そうすれば自分寄りの有名人が「このままではだめだぞ」とマスコミに出てPRし、雰囲気を変えようとしているのかな。今朝の朝日新聞にはさっそく出てたし。

その上、自分が悪いことしたから、制裁受けてるのに、こっちが対応しないと考慮しないぞなんて。なんて交渉上手なんだ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でも育成選手がいなかったら

今年のスポーツ報道はまず大リーグそれも松坂選手。そして、その他の選手。それが終わってから日本のプロ野球オープン戦。扱いがめちゃくちゃ小さい。これであの育成選手がいなかったら、扱いないかもよ。巨人なんか、2人も新しい戦力いるのにもっと扱い小さい。中日スポーツのためだったのかな?

それにしても松坂選手、赤のユニフォーム似合うじゃん。赤のナイキのグローブも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育成選手?

年棒でもめて、格安で中日にきたあの選手。昔からああいうトラブル好きなのかな。以前大リーグ行くときもなんかあったような記憶がある。それにしてもおいしい買い物だと思ったのは他のチームも同じだろうな。

個人的には4番打者が今年も調子よく行くとは思わないので、その貯金と思えば安い。

しかし、これで一年間育成選手で通したらスゴイと思うけど...。

さあ、どうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルノー・メガネ

ルノーのmeganeというクルマがある。なんだ?メガネ?と思ったらオヤジである。これをメガーヌと呼ぶらしい。このクルマ、キーがカード型になっていて、左の方に差し込むところがある。ここに差し込んでその下のstartというボタンを押すとエンジンがかかる。国産なら大丈夫だろうが、フランス車でこんなことして大丈夫かなと思ったりもする。

さて、このクルマ、先日ウインカーの球切れ症状で入庫した。で、球切れではなくて、接触不良であった。わざわざウインカー部分の裏側から取り出して調整したら直った。こんなことかと思ってお客様にお返しすると、また数日後同じ症状が出たと連絡が入る。きっとパーツが悪いんだろうなと思ってネットで調べてみたら、たくさんの症例はでていた。この部品、時期が来るときっとみんななるんじゃないかな。もちろん右が直れば左にも同じ処置をしておかないと、そのうちトラブルが発生する。

外車に乗るということは、こういうトラブルも楽しまないと乗れないね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドカベン

ローソンで缶コーヒーを購入したら「ドカベン」スーパースターズ編フィギュアストラップがついてきた。全部で10種類。今のおまけは何が入っているかわかるから集めやすいかも。しかし最近の景品はすごいな。おそらく中国製なんだろうけれども、海洋堂製のものがついていることもある。あれは精度が高いんで、オマケで海洋堂のフィギュアを付けるとコストって幾らくらいかかるんだろう?

しかし、ドカベンはプロ野球編からスーパースターズ編に移っていたんだね。すっかり水島さんのキャラ総出演なんでしょう。実在の人と架空の人が混在するなんて、あぶさん以上だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒団記念試合

卒団する6年生とコーチ陣で作っているチームとの練習試合を行う。昨年から企画されているモノだ。まあ、卒団間近ということでイマイチのってこないんだけれども、それでも一応緊迫した試合展開にしたので、終盤盛り上がってしまいました。

コーチは全員左打ちのため、普段スラッガーな方々がぶんぶん振り回して三振だらけでした。ちなみに私は2打席2安打2盗塁とめちゃくちゃ疲れました。でも楽しかったですよ。

午後からは女子チームと混成でソフトバレーボール大会。こちらは、上がった球ばかり追いかけていたら、目が回ってきた。そして普段使わない筋肉なので筋肉痛間違いなしでした。

結局コーチしている人って体を動かすことが好きな人ばかりなのね。私を含めて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱の中か?

自動車登録台数の前年割れが続いているとか。実際、クルマ売れてないです。軽自動車ばかりかも。それに最近のオークション会場は外人バイヤーばかりだとか。実際、少し前までは6年乗れば償却も終わり、価値はないと一律言われてましたが、外人バイヤーの出現により、相場が変わってきています。そんな値段では商売にならないだろうという価格で落札されたりもします。日本車の信用は今や世界一です。日本車というかトヨタ車かな。だから古くなって日本では乗らないようなモノまでトヨタ車は外人さんが買って行かれるとか。箱の中だけしか見ていなかったんで、これから益々、商売が読みにくくなるわけです。

これまでの日本の感覚では鉄板や電線が売れるなどという感覚はなかったものね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やながせ世代はねえな

今日はハンカチ世代の卒業式だとか。そんなに年がたっちゃんたんだと感心。ハンカチ世代って平成生まれの世代なんだよね。ハンカチ世代という名前はどうかと思うけれども、この年代は松坂世代以来の豊作の年だとか。いろいろな有名人が出てきそうだね。楽しみです。平成生まれが高校を卒業とは...。

平成になる前、昭和の終わり頃、昭和天皇の無くなった頃は、街中自粛でえらいことになっていた記憶がある。ネオンも消えて、飲み屋も静かに営業していたな。あの頃は交代勤務が終わって、岐阜駅前に勤務先が変わった頃で、柳ケ瀬でよく終電まで飲んでました。そんな柳ケ瀬も静かになっちゃってて、雪の降る中渋いジャズの聴けるバーで飲んでいたことを思い出しました。あのお店はまだあるのかな?Sound In COA。探したら昔のままで現存してました。http://www.soundinn-coa.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »