« メーリングリスト | トップページ | 嵐 »

VWゴルフGT TSI

新しい車種が発売されるようです。従来の20GTの代わりになるもの。最近VWに疎くてゴメンナサイ。どうもGTI以上インパクトが無くて。さてこのクルマ、ドイツからの新しい提案になる。今後ハイブリッドのように主力にしていくんでしょうね。

「TSI」とは世界初のツインチャージャーエンジン(ガソリン直噴+スーパーチャージャー+ターボチャージャー)を搭載したモデルであることを示す。燃費低減(=CO2排出量低減)を目的に、VWはこれまでも直噴ターボディーゼル(TDI)や直噴ガソリンエンジン(FSI)、直噴ガソリンターボエンジン(TFSI)、効率の高いトランスミッション(DSG)といった技術を積極的に市場投入してきた。次のステップとして商品化されたのが、1.4リッターという小排気量エンジンでありながら同社の2.3リッターV型5気筒エンジンと同等の出力を発生しつつ、燃費は1.6リッターFSIエンジン並みという1.4リッターTSIだ。

気になるスーパーチャージャーとターボとの共存だが、スーパーチャージャーはエンジンの低回転域における過給に限定され、アイドリング直後から高い過給圧を実現。3500rpm以上では完全に切り離されて、ターボによる単独過給でトルクを稼ぎだす。2400~3500rpmの回転域では、スーパーチャージャーはエンジンはトルク要求に応じて作動する、ということらしい。

若干従来よりは硬めの足まわりに少しのローダウンもしてある。

さあ、どうする?何が?

|

« メーリングリスト | トップページ | 嵐 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/13846314

この記事へのトラックバック一覧です: VWゴルフGT TSI:

« メーリングリスト | トップページ | 嵐 »