« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

デジモノ

昨年末に間違えてSDカードを買ってしまった。ホントはミニSDが欲しかったのに送られてきたのはただのSDカードだった。ある携帯電話用はminiSだったんですよ。あまり興味が無くて知らなかったんだけれども、3種類もSDカードってあったんですね。小さくなるにつれて値段は上がるんだ。そして、この記録媒体が小さくなるにつれて、音や映像などの保存方式が変わってきているとか。昔は8ミリだったのにいつのまにかDV、DVが今ではSDカードなんでしょ?それにつれて全然パスポートサイズでなかったハンディカムが本当に片手で長時間もてるようになったんだし。子供が大きくなるとだんだん撮らなくなるので、興味も薄いな。さて、このSDカード買ってしまったが、送り返していてはもったいないので、手元に置くことにした。今はSDカードだけあるんだけど、ふと考えたらうちのデジカメは5年ぐらい前に買ったIXY。バッテリーの持ちが悪いのでいつも予備を持ち歩いているし、寒くなるとすぐに両方ともなくなっちゃうので使い物にならなくなってきていた。これはついでに(?)デジカメでも買おうかと、あるお友達のアドバイスを頂いてパナのデジカメを検討していながら、のびのびにしていた。そしたら最近モデルチェンジしていたんだね。ホントにデジタルモノは買いたいと思ったときが買いなんでしょうね。

ということで本当にそろそろ買うとしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーステ

カーナビの進化もすごいけれども、カーステレオの世界も進んできた。携帯電話の音楽プレーヤー化やipodなどの配信された音楽が普及するにつれて、手軽に音楽が扱われるようになった。わざわざCD-Rに焼かなくても(焼くことができないのか?)USB接続やipod接続という方式を使ってカーステレオに接続して、車内へ持ち込む方法がでてきた。少し前まではFMトランスミッターというのを利用して、FMラジオで聞いていたモノが変わりつつある。

特にUSB接続はMP3などに埋め込まれたデータから曲名やアーティスト名が表示され、とても便利だ。音楽データの形式もたくさんあるが、大体の形式を再生できるようだ。カーナビは高いし要らないけど、HDDの音楽保存が羨ましい方にはよい話だと思う。チェンジャーなんていらないぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウマッチョ

Umacho1このパフォーマンスを見たのは確か2004年の夏頃だったかな。ある偉い方の結婚式2次会で出会いました。パフォーマンス終了後、新婦の同級生だとか言って、自己紹介されて、名刺をもらったのがきっかけだった。その後、年に2回ぐらいは来てくれている。誰かの結婚式2次会とか、JC合同例会のアトラクション、同窓会でのアトラクション2回。いずれも盛り上がることは間違いなかった。初めて見たときは、絶対知り合いの誰かがふざけてやっていると思ったんだけれど。

今年の正月開催した同窓会でも呼ぼうと思って、秋頃から連絡をしていた。けれども、大手との契約があるとかでギリギリまで調整してくれました。その同窓会のDVDにも参加者の笑顔がよいということでたくさん収録してあります

週末になるととても忙しそうな彼ら。なかなかお面の下を見ることはありませんが、とてもいい人達です。また見られるとよいですな。

イオンでのパフォーマンスはマニアが居るようですよ。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/6858/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

終わりは始まり。

ちびのスポーツ少年団活動が終わりに近づいている。3月に入れば、イベントで過ぎてしまいそうだ。そんな今日は江南市スポ少主催の交流大会準決勝、決勝、3位決定戦が行われた。この大会を最後に6年生の公式試合はすべて終わりとなる。

昨日、勝っていたため、今日試合をすることができる。そして、本日、準決勝の相手は最近連敗しているし、江南市の大会で連続優勝しているチームだ。このチームに勝たなければ、先はない。が、先日の練習試合でも勝つことはできなかった。が、今日は接戦をモノにして勝つことができた。6年生ともなるとミスをした方が負ける。この試合、相手が先にミスをして2点をノーヒットでもらった。終始優勢に攻めたが追加点は1点のみ。3-2だった。

そして、昼食後、江南市以外のチームと決勝戦に臨む。初回いきなり2点を取られたが、この試合も終始優勢。毎回のようにランナーを出すもののホームが遠かった。この相手チームはバッテリーが優秀でこの二人で勝ち残ってきたんだろう。ノーアウトのランナーが3回もゲッツーでアウトになってしまった。結局、最後まで点は奪えず、0-2。惜敗だった。3位決定戦も緊迫した試合で勝ち残った4チームともあまり力の差は無いと思ったな。でも優勝したチームだけがエースで主砲だったのがちょっとした力の差かもしれない。

最後の最後にミスがほとんどない試合をしてくれるようになるとは、指導者冥利につきますわな。昨年の春先は勝つことを忘れてしまったチームだったけれども、ここまで全員で成長してくれるとは...。いやいや、子供が居なくても指導者として残る方の喜びを垣間見ることができた。(でも、私は引退しますよ)

とてもよい思い出ができました。子供達!ありがとう!!

そして、またまた卒業ということで自分にもお疲れさまでしたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症 07

今年もやってきました「花粉症」の季節。昨年はレーザー手術をしたので少し軽いかな?というレベルです。いつも書くことだけれども、花粉の量が多くても少なくても花粉症は発症し、つらいことにはかわりない。この時期はお酒を控えて、早く寝るようにしている。

気になっているのはフマキラーから「花粉 鼻でブロック」という鼻に塗る薬が発売されていて、本当にマスクが不要かどうかかな。

誰かトライしてみて下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中田有紀さん

サラリーマンNEOで活躍していた彼女のブログに重大発表?

NEOがはじまる!

フォトエッセイ『アキイロ』 が出版←あまり関係ないかσ(^◇^;)

ということで楽しみができましたな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ネタばれ?

ホイチョイの映画には割と

真理子吉岡という役名がでてくることを。

1.私をスキーに連れてって
 佐藤真理子:原田貴和子さん。主人公の同級生。呉服屋の娘だったな

2.彼女が水着にきがえたら
 
田中真理子:原田知世さん。主人公
 吉岡文男 :織田裕二さん。主人公

3.波の数だけ抱きしめて
 
田中真理子:中山美穂さん。主人公
 吉岡 卓也:別所哲也さん。

4.メッセンジャー
 
該当なし、というか脇役にいたのかな。

5.バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
 田中真理子:薬師丸ひろ子さん
 吉岡文男:?

さあ、今回はどこに出てくるか?まだ見に行ってないので楽しみです。
こんなところにも遊びがあるとは...。

DVDに早くならないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知ってましたか?

こんなページがあった( ;^^)ヘ..

おもしろいリンクへGO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

封印

20070224114252後ろのナンバープレート左ボルト上に被せてあるアルミ製のキャップのことを封印といいます。(これは正式名称です)日常の使用においては関係ないのであまり気にすることはないでしょうが、この封印の取りつけ位置は後ろのナンバープレートの左側と定められています。これは自動車がナンバープレートを発行する陸運支局によって正式に登録され、しかるべき検査を受けた後、ナンバープレートを取得したという証明であると同時に簡単に外すことはできません。封印が外れている場合、違反車両として取り締まりの対象になります。

最近、この封印の上にペットボトルのキャップを被せているクルマをよく見かけますね。これは、封印に陸運支局からの登録証明といった役割もあるので、取り外しているわけではないんですが、ある意味で「隠している」ことにもなります。厳密に言えば、道路運送車両法違反となり、悪質なケースでは、30万円以下の罰金を課せられます。この封印には愛知なら「愛知」、というように各運輸局に属する各陸運支局の表示が入っています。古い物になると刻印も変わっているきていますから、「愛」だけの時代もありました。 

そして、この封印は軽自動車にはありません。なぜ、ないのかといえば、普通車は登録(名義変更や廃車)には実印と印鑑証明書が必要で財産扱いでされてますが、軽自動車は住民票と認印があれば十分で、財産としては扱われません。ちなみに、普通車は法律的に「登録車」といういい方をし、軽自動車は「届出車」といいます。財産とは認められていないから、ナンバーに封印する必要ないというだそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

土日館

スポーツの道具というのは割と高いモノが多い。特に野球はお金がかかるスポーツの一つだ。そんな我々のためにあるお値打ちな店がある。

普通のスポーツ用品店を普段は経営しているが、近くに土日だけオープンしているお店だ。だいたい50%OFF。時々顔を出しては掘り出し物を探しに行くチーム関係者も多い。かくいう私も年に1,2回は行ってますな。何も買わない場合もあるけれども。

なぜ、お値打ちかというと型落ちのものを売っているからだ。

行ってみたいなと思われた方は連絡いただければご案内いたします。

ただし、いつも気に入ったモノがあるとは限りませんので悪しからず...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び石

長く乗っていても、買ったばかりでも、クルマは走っていれば飛び石などにより傷が付く。仕方がないことだ。さて、この飛び石がフロントガラスに当たった場合、ひどいとひびが入るし、よくても傷が残る。フロントガラスは運転の安全上とても重要な箇所となるため、この状態では保安基準に適合せず、車検の合格を出すことはできない。

だから交換しましょう!という話ではなくて、この交換も車種にもよるけど、10万円前後の出費が必要となるから、簡単に交換もできないでしょう。

こういうときのために是非車両保険に加入しておきましょう。という話。

車両保険には
1.一般車両保険
偶然な事故により生じた物的損害が支払われる

2.エコノミー車両保険+A
エコノミーというくらいだから危険を限定してなおかつ特約のAにより支払われる危険を広げている。

いずれの場合も飛び石での損害は支払ってもらえる。その上、等級は据え置きとなる(割引据え置き)から、是非エコノミー車両保険+Aの車両保険には入っておきましょう。

最近3年間で2回も飛び石による損害でフロントガラスを交換されたお客様もみえますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生推協

間違っても生協ではないこの会議は正式には「生徒指導地域活動推進協議会」だった。今日は会長不在による代打で出席して参りました。

何をしているのかといえば、各学校において生徒指導の活動を報告する会議で、地元の中学校区単位で行われているモノである。まあ、物騒な世の中、安全パトロールとか、いわゆる生徒指導の報告会だった。

各学校長、生徒指導主任、PTA代表、教育委員会、地域代表が集まって、今年度の成果と次年度への申し送りという打ち合わせ。個人的には一年間は補導委員の委嘱を受けているので関係はあるんだけれども、一年間でそれほどの考えも出てこなかったし。

一応意見は言ったモノのPTAは単年度なので発言しにくかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カノッサの屈辱 2007

カノッサの屈辱 2007 バブルへGO!!SP

がフジテレビで放映された。もちろん映画の宣伝版だ。

今回の授業内容は、現代、我々の生活になくてはならない存在である「携帯電話の歴史」。約20年前に誕生した「自動車電話」、人類を電話線の呪縛から解き放ったこの「自動車電話」は重量7kg。現在の携帯からは想像もできない重さのものでした。その後、人力の持ち運びが可能になった「ショルダーフォン」の登場に、更なる軽量化とデジタル制の導入。さらなる進化の波の中で、さらに「アメールカ大陸」の発見による「メール文明」の持ち帰りにより激化した各国家の光と闇。そして近年登場した皇帝「ナポレ孫=正パルト」まで。20世紀末期から21世紀にかけて最も激しい進化の変遷をたどった携帯電話の壮大なる歴史を、カノッサの独自の世界観で一挙に紹介します。
 番組は独自の演出で2007年ならではの番組の進化を遂げる一方、場所はもちろん、あのなつかしの研究室。『やあ、みなさん、私の研究室へようこそ』という台詞で始まる、独自な世界観は17年前のレギュラー放送当時そのまま。また10年一時代の出来事を、世界史の史実になぞらえて、わかりやすく説明する講義もまったく同じです。そして、『またの機会、この研究室でお会いしましょう』という締めの台詞も同じです。(これは2006年11月にお亡くなりになった、仲谷昇教授への深い哀悼の意を表すものでもあります。)

だそうである。笑えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バブルへGO!!

先日の気まぐれコンセプトクロニクルはなかなか読み応えがあって、一度読んだくらいでは意味が分からない場合も多いので2回目に入りました。

さて、最近「阿部寛さん」「薬師丸ひろ子さん」などがTVによく出てきますね。最近の広告方法なのか、映画(特に邦画)の宣伝を兼ねていることが多いです。

『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』

それにしても、この映画のPR方法はみものですよ。
ホームページからいろいろな取り組みがされていることやオヤジ向け週刊現代とかにも特集があるんで、ついつい立ち読みしてしまいました。

さあ、映画に行くか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スキー

休日はサンライズスキーがある!ということで生まれて初めて挑戦。

前回と同様のゲレンデで前回よりたくさんの雪に囲まれ、降られ、たくさん滑って、くたくたになった。けど10時。午前中に帰ることができた。

体はくたくただけれども、一日をめちゃくちゃ有意義に過ごして得した気がした。

こういう楽しみ方もあるってことで...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカアンドトシ

お笑いブームだそうだ。全然興味なし。というのもおもしろいと腹を抱えて涙を流して笑える芸人がほとんどいないからだ。そんな中、「タカダンドトシ」は昨年夏頃から唯一笑える正当派漫才だと目を付けていた。子供にもこいつが出たら必ず見ろ!といっておいたし。

子供の間でも人気が出たなと思ったら、彼らが「欧米か」でブレークした。

小学校一年生の子供でも「欧米か!」と突っ込んでくる。

そんなこんなで、先日DVDを見た。めちゃくちゃ笑えた。

お奨め!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイパーゴム

ワイパーという装置は車が誕生してから基本機能はほとんど進化していない機能だと思う。かといって最初から完成されていたかもしれないので。さて、このワイパーゴムはやはり消耗部品なため、車検の時などに交換してもらっていることが多いでよね。

この部品は車庫などの有無により劣化時期は違いますが、ゴムが切れるような場合はもちろん交換要です。そして、新品のモノと触ってみて、固くなってきている場合はもう交換時期だと考えて問題ないです。もちろん固くなることにより水切りも悪くなりますしね。

そして、車の洗車をされない場合、砂などのほこりがたまってしまい、そのまま作動させるとフロントガラスにひっかき傷が残ることがあります。定期的にワイパーゴムとフロントガラスの間の砂ぐらいは取っておきましょう。

ちなみに最近はフロント左右とリヤについていますがいずれも大きさが違うことが多いので、確かめて自分で購入するとよいですよ。

たかが安い部品ではありますが、自分で注意してみるとクルマに愛着がわくかも...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーマスコミ用語

絶対に負けられない戦いがある ←これはあるテレビ局の宣伝文句か(^^ゞ

決定力不足

司令塔

トップ下

アウトサイド

スルーパス

鉄壁の守備

こんなところかな?サッカーの試合があった翌日にはよく使われるマスコミ用語です。

ところでオシム監督のサッカーは世界の常識だという。TVで見る映像は現地から買った映像のため、布陣の詳細がわからないからだ。ちゃんとお金を出して見たモノだけにしかわからない映像がある。タダで見る海外中継には気をつけろ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

昨年の初夏、ジャニーズの「嵐」というグループが映画『黄色い涙』の撮影に来ていると、江南市中で噂になった。あのころは地元の人もエキストラで出ていたし、どこに泊まっているとか、誰々が病院に行ったとか。あの町だけでなくこの町にも来るらしいとか。追っかけが夜中までうろうろしていたらしいし。

で、そのメインロケ地の「大衆食堂さかえや」が保存されている。こうやって名物が地元に出来るのはうらやましい限りだ。というのも今、私の地元では名鉄犬山戦「布袋駅舎」を残すかどうかで、地元区民に大々的なアンケート行っているが、残すにはお金の面も含めて、たくさん問題があるのも事実。どんな結果になるかは今月末になるのだが...。

なぜ、今頃「嵐」かというと、娘がすっかり嵐オタクだからだ。受験生だというのに、TVは欠かさず見ているし、雑誌もよく読んでいるですよ。困ったモノですね。

「さかえや」を作った知り合いの会社へのリンク。http://www.hatanokoumuten.co.jp/profile/news/060901.html

布袋駅について(ほていコミュニティ協議会)
http://blog.goo.ne.jp/hotei-com/e/a2584f2789644f31ecf915b1946285f3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VWゴルフGT TSI

新しい車種が発売されるようです。従来の20GTの代わりになるもの。最近VWに疎くてゴメンナサイ。どうもGTI以上インパクトが無くて。さてこのクルマ、ドイツからの新しい提案になる。今後ハイブリッドのように主力にしていくんでしょうね。

「TSI」とは世界初のツインチャージャーエンジン(ガソリン直噴+スーパーチャージャー+ターボチャージャー)を搭載したモデルであることを示す。燃費低減(=CO2排出量低減)を目的に、VWはこれまでも直噴ターボディーゼル(TDI)や直噴ガソリンエンジン(FSI)、直噴ガソリンターボエンジン(TFSI)、効率の高いトランスミッション(DSG)といった技術を積極的に市場投入してきた。次のステップとして商品化されたのが、1.4リッターという小排気量エンジンでありながら同社の2.3リッターV型5気筒エンジンと同等の出力を発生しつつ、燃費は1.6リッターFSIエンジン並みという1.4リッターTSIだ。

気になるスーパーチャージャーとターボとの共存だが、スーパーチャージャーはエンジンの低回転域における過給に限定され、アイドリング直後から高い過給圧を実現。3500rpm以上では完全に切り離されて、ターボによる単独過給でトルクを稼ぎだす。2400~3500rpmの回転域では、スーパーチャージャーはエンジンはトルク要求に応じて作動する、ということらしい。

若干従来よりは硬めの足まわりに少しのローダウンもしてある。

さあ、どうする?何が?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メーリングリスト

野球チームのメーリングリストで利用していたgooのサービスが終わってから頼まれてはいたけれども、作るのを忘れていた。そろそろプロ野球もキャンプインしたわけで球春間近。我がチームも活動を始めたいということで、最近マイブームのgoogleサービスのグループメールで作ることとなった。

このサービス、無料にもかかわらず、

1.メンバーからのみの投稿(メンバー以外は出せない)ができるため、迷惑メールの心配がない。

2.案内を流して、あるurlをクリックするだけで登録が完了する。

3.途中からでも、ひとりひとりでも設定が変更できる

などなどのメリットに目を付けて、始めることとした。

けれども招待(案内)14名のうち半分しか登録が完了しない。まだまだコンピューターアレルギー?嫌い?の方が多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初監督

少年野球チームである試合の最初で最後の監督をさせていただくこととなった。最後の思い出に全コーチに回ってきたものだ。ただ今大会は普段レギュラーで出場できない子を出させるという大前提があるため、勝ちにいくという雰囲気にはなりにくいから負けても言い訳があるσ(^◇^;)。前日夕方の1時間程度オーダーと投手の順番を考え、臨んだ。

投手は3人をイニング毎に分けて考え、ポジションは大きくは変えないこととした。けれども打順は確率の高いメンバーを真ん中から外して下位打線から上位打線につなぐことで得点パターンを考えた。自分がソフトボールをしていた頃、やはり普段打たない人が打つとチームがのって、勝つことが多かった記憶からだ。(中心打者が打てば勝つのは当たり前か?)

投手については秋になるまでひとりでまかなってきたため、どうしても他の2人はランナーが出ると牽制が上手くなくて、走られることで得点を与えるし、プレッシャーからかエラーも出て得点を与えてしまった。結果5点失点。

攻撃に関してはチャンスは作り、キーマンへと回ったけれども、彼が不調(いつもいつも打てるわけはないけれども)のため3点止まり。

残念ながら負けてしまいました。けれども、個人的には為になった試合だと思う。みんなで試合に出て、みんなで戦って、エラーした者を一切攻めず、敢えて変えず、最後まで使った。結果エラーした子は攻撃で結果を出したしね。

でも、もう監督はいいなあ。やはりサイン出すときは迷うし、これまでの監督の指導の賜物からか、子ども達自身であまり考える習慣が付いていないようで、「任せた!」と言ってもサイン要求して来るんですよ。もっと考えることをしないと、楽しくないって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失言

国会議員の失言騒ぎでTV、新聞をにぎわせている。失言かもしれないし、失言じゃないかもしれないが、騒ぎすぎである。仕事をさぼるための言い訳ではないか?とうらやましく思ったりする。くだらない子どもの喧嘩のようなことしていないで、仕事してほしいもんだ。

ちなみに以下のような発言だったらしい。どう思う?

なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15~50歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母校 周辺

高校時代の友人が我が母校の大学付近に住んでいる(ちょっとややこやしいか?)。彼のところに仕事に行くこととなった。前夜から冷えて、ひょっとすると雪か?などと思っていた。こちらは積もらなかったが、大学のあるあたりは市内といってもかなり北なので、雪を載せたクルマとすれ違った。母校周辺は飛騨地方だと言われるくらい昔から雪が降っていた記憶がよみがえる。

さて、その母校周辺。私が通っていた頃はまだまだ大学自体がキャンパス移転したばかりで作りはじめたばかりの環境だった。もちろんまわりは田圃だらけ、クルマでいってもよくあぜ道に駐車したこともあった。ところがどうだ、毎日通ったはずの繰船橋へ環状線から左折する信号さえも迷ってしまうほど、知らない建物だけれども、古くなって中に入っていた店が変わってのがわかるような建物ばかりだった。どこにでもある食事や家電のチェーン店はあるし、ジャスコはすっかり古びているし。そして、大学はといえば、医学部が移転してきているようで、新しい棟がたくさん増えていた。ホント浦島太郎とはこのことなんだろうか、20年前はふたむかしということだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸乃家 再び

知り合いのお店「幸乃家」さんは毎月末にお伺いしているんですが、私たちが飽きないようにメニュー以外の毎回違う食事で迎えてくれます。客層もどちらかというと大人の方が多いため静かですし、人数での宴会にも対応してくれます。江南では珍しい、おもしろいお店だと思います。

お奨め!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »