« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

まえぶれ?

11月をむかえるというのに暖かい日が続く。きっと急に寒くなるんだろうね、そうそう、阪神大震災が起こった前年の11月前後も暖かかったとか。

くるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月末

自動車販売店(ディーラー)にとって、普通車の登録は車庫証明がないとできないので、すでに今月の商売は終わっているが、軽自動車は車庫証明が必要な市町村でもあとから提出すればよいのでギリギリまで登録ができてしまうため、今日でも話があり、クルマがあれば商売がしたい。ディーラーにとってクルマを登録(ナンバーをつける)して初めて成績となる。だから、軽自動車を扱っているディーラーの営業マンはこの時期うるさくてかなわん。こちらの都合も考えず、がんがん電話してくるわけで、今月末はただでさえバタバタなのに、イライラが募ってしまった。結果、営業マンに爆発!(笑)

こちらはそちらの成績は関係ないということがわからないらしい。疲れた(T.T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝選手選考

選手を選ぶに当たり、野球のキャプテンとサッカーのキャプテンとは違う子をチームごとにキャプテンをお願いした。まあ、その子のがんばりを評価するとともに、その子のこれからのキャプテンシーが伸びてくれればという期待を込めて。そして、土日以外も彼らに練習をしてもらうようにも。さあ、昨年は6位だったけれども、今年はそれをクリアしてくれるかどうか。これから監督しての冷静な目を持ち続けられるかな?o(^o^)oドキドキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監督?

スポ少の種目に駅伝がある。今回、日曜日にしか参加できない私に駅伝の監督をやってくれという。駅伝の経験もないのに...。でも、頼まれたからにはお断りするのも変なので、自信満々に受けてしまった。まあ、何とかなるだろうと気軽に。

さて、4年生の時や5年生の時の反省を糧にして、選手選考などに異論を挟む母親たちがみえたという風評を気にしつつ、選考に際して何回モノ計測タイムがあって当たり前という個人的な考えも含みつつ、出られない日でも、できるだけ何回も選考する日までタイムを計ってもらうお願いをした。今年は6年生で最終年度ということもあって、他の学年から選手をお借りし、全員を2チームに分け、走らせることとした。まあ、誰かが休んだ場合は欠場となってしまう危険を含んではいるけれども、みんなで盛り上げてもらおうというねらいだ。

明日はその応募締め切り日。今のところ数回のタイムを勘案したところ、明日のがんばり次第だけれども、昨年異論が出た選手は選ばれることはなさそうだ。個人的にはこういう選考は楽しい。まあ、選ばれる方にとってはたまったモノではないかもしれないがσ(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レクサス店

お客様が暇だったので仕事着でフラッとあるレクサス店へ行かれたとさ。

新しいLSに興味があったので。

クルマはマークⅡクオリス。で、応対はと言うと、なかなかカタログさえもくれなかったとか。もちろん試乗の「し」の字も出なかったとさ。

で、その週末に別のレクサス店へ。
このときは、もちろん私服。

で、クルマはポルシェ911カレラ4。(←マジ高いクルマ)

お店の敷地に入るなり、さっと営業マンが寄ってきて頼んでもいないのにクルマの移動をしてくれたとさ。頼んでもいないのに部屋はVIPルームばりの個室へ通され、頼んでもいないのに綺麗なお姉さんがコーヒーを持ってきてくれたとさ。頼んでもいないのにレクサスのノベリティーグッズをくれたとさ。

「いつもはどんなお車をお乗りなんですか?」と聞かれたので

「自転車」と答えてやったとか。(爆爆)

続いて、頼んでもいないのに試乗車の紹介をしてくれたとさ。3種類あるとか、普通の、スポーティーなの、後ろの席重視なのと、頼んでないけど乗りたかったので3つとも乗ったとさ。

このお客様、クルマにはうるさい方で、でも楽しい方で、さんざんからかって帰ったとさ。

いかがですか?

ちなみにスポーティーなグレードの固めのセッティングでもイマイチだと申しておりましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポン VS 美術

友人の書道家から教えてもらった。今度大阪で美術展やらアーティストトークに関係するらしい。

すっかりニッポンを代表する現代美術家なのか?

いいのかそれで?

こんな奴で?

と言ったら怒られそうなほど、活躍中です。


「ニッポン vs 美術 近代日本画と現代美術:大観・栖鳳から村上隆まで」

by 大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会

こりもせずに高校時代の同窓会の企画に参加させていただくこととなった。母校の創立80周年に合わせてということになるらしい。記念の名簿もできたし、学校出てから20数年、みんなどんな感じなんだろう。企画しているメンバーはほとんどJC絡み。ひとり途中リタイヤした有名人(←誰だ?)もいる。JC活動の時のようにそれぞれが率先してそれぞれの仕事を引き受けてくれるので、会議もスムーズだし、楽しい。今夜はおいしいウナギとともにそんな会議に行って来ます。

しかし、我らがドラゴンズ、あと一本が出ないなあ。荒木と森野(5番打者)の不調がそのままでてしまっている。荒木と関川がだぶってきたぞ?

かっとばせー!関川?じゃないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンツ

名古屋の南の方にベンツに乗っていただいているお客様がいる。いつも高速を使って、お客様のところに伺う。当たり前といえば当たり前なんだけれども、片道は必ずベンツで走ることになる。このベンツは10年以上も前の10万キロを超えているクルマだ。で、引き取りに伺うときは調子が悪いときに決まっているけれども、このときの高速道路の具合とそれなりに時間をかけた整備完了後の高速道路の具合ではかなり違いがある。これがベンツのすごさらしい。特にバブル期に作られたものはこの感じが顕著だ。

恐るべしベンツである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本シリーズ

どちらが勝っても久々の日本一。プレーオフ効果が出る今年はどうなるのか?あのソフトバンクの斉藤のサヨナラ負けは痛々しかった。そんな苦しみを越えてのパが強いのか、セが強いのか。下馬評ではドラゴンズだが、短期決戦では関係のないデータだろう。どちらの先発投手がもつかかもね。

それにしても普段通りの野球をするといいながら、シーズン終盤から、我らがドラゴンズは打線が繋がっていないので気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話

今や必須の携帯電話であるけれども、もうじき番号をそのままで携帯電話会社を変えることができるようになる。実際どれだけの人が会社を変わるのかわかりませんが、きっと思ったより少ないのではないんでしょうか。若い層にはわかりませんが、今発売になっている電話機の差といえばきっとメールを打つときの変換機能の差ぐらいではないでしょうか。それも慣れという部分が多いので改めて機械を違う会社にするのは面倒だし。

+の材料より、-の材料が多いのでそう勝手に決めつけております。

それにしても新しい機種の機能を完全に使いこなしている人は、僕の周りには少ないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまどきの

今日は月に一回の少年補導のため、担当中学校に出かける。街頭見回りを終了後、最近の学校の雰囲気を生徒指導の先生と話をする機会を得た。いまどきの中学生のワルは学校に来ないか、保健室登校が多いらしい。おかげで学校は平穏だとか。あと、友人の家に泊まり込んで、出てこない生徒もいるらしい。昔では考えられない状況になってますね。普通、他人の家に行って帰らなかったら、その家の親がうるさかったモノです(といっても私のことではない)。親も自分のことにかまけて子供に興味がないんだろう。ちなみに定期テストの結果を見たことがあるんだけれども、勉強しない子と勉強している子の差が1年生よりも2年生、2年生よりも3年生と拡大しているのがわかります。子供の頃の勉強というのは、当時は何に役立つか、わからなかったけれども、今にして思えば当たり前のことを当たり前にこなすという力をつける練習だったと思われる。これからますます当たり前のことができない人が増えるということになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン

先日業務用パソコンで一部の作業ができなくなった。エラーコードを見る限り、ソフト同士の受け渡しが切れているというようなものだ。かといって、業務用ソフトだ、簡単にソフト同士のリンクが作れるほど、安易なモノでもない。新しい機械にして2年弱。先日もサポートの案内が来たばかりだった。前に使っていた機械はNEC製でほとんど機械的な故障はなかったけれども、最終的にはHDDが壊れたためで、既に8年近く経っていたため、補修パーツの供給ができないため、しぶしぶ代えたモノだった。あの当時はパソコンといえば98(Windows98ではない)で、エプソンが互換機という名前でお値打ちなパソコンを売っている時代でした。もちろんWindowsなどという便利なモノはなくてMSDOSというもので動いていたため、高価なこともあり、なかなか自宅にまではもてなかった。などということを思い出しながら、ソフトハウスにTELしたところ、よくあるトラブルのようで電話でのサポートで無事完治できた。今時の業務用ソフトは修理のソフトまで入っていることに驚いた。まあ、めでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ

最近子供達の集団で、いじめの問題があった。被害にあった子は登校拒否には至らない程度のモノだったらしいが、発端が集団での問題であるため、指導者達には難しい対応を迫られた。この場合、指導者に責任があるけれども、いじめをしていた子供達が理解しなければ、またいつか違った形で出てくることになる。ここが大切!

最近自殺した子供の報道に関して学校側などを非難するニュースが多い。学校側ももちろん対応を誤っているから問題で追求されても仕方がないが、実際にいじめた子供達が理解しているかどうかが問題だと思う。自殺に追い込むまでのしつこく陰湿なイジメを繰り返してきた同級生の犯行グループが消えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2大政党

最近のTVはある意味おもしろい。第一野党は与党が何かを発すると、揚げ足をとってTVに映ることを重きに置いているのが一目瞭然だ。昔、自分が発言していたことも忘れて、国のためでなく、民のためでなく。野党というのは与党を反対していればよいというモノではない。次元が低くて、与党も信用できないのにそれ以上に第一野党が一番信用できない。これでは2大政党などできるわけがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MT車

珍しい外車が入庫する場合、MT(マニュアルミッション)車であることが多い、その上左ハンドル。乗ってみればどうということはないんだけれども、いつのころからか乗れるようになった。免許を取りたての頃は、もちろん全然だったけれども、20歳前後で家業の手伝いで乗ったのが初めてだと思う。さて、今でこそ国産車はAT車全盛だけれども、ごくたまにMT車を購入されるお客様がみえる。もちろん下取り価格はあっという間の下がるのだけれども、買った後で後悔される方は少ない。きっと自動車好き、運転好きなんだろうと思う。僕も軽自動車で名古屋のまちへ出かけるなら、MT車に限る。クルマ好きか運転好きかどうかはわからないけど。

ちなみに左ハンドル車の助手席は、緊張する。あるべきはずのハンドル類とペダル類がないから落ち着かないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 優勝!!!

待ちに待ったこの日が来ましたね。この試合もドラゴンズらしくもつれる試合となりました。結局、福留選手が一差し後、ウッズ選手のグランドスラムで決まりました。その後打った奈良原選手もかすんでしまいました。胴上げ投手は岩瀬選手。最後は落合監督の涙でした。よかったよかった。今度こそ日本一だ!

さて、ところがこの日は地上波がありませんでした。東京ドームで日本テレビの放映だったと思うのですが、ジャイアンツ戦の視聴率不振のあおりをもろに受けましたね。今シーズン最後の東京ドームなのに。結局ラジオにかじりついてました。TVのテロップでは優勝しましたとは出るんですが、なかなか胴上げの瞬間が見られなくてなかなか寝られないし、胴上げを見たらみたで、ビールかけまで時間はかかるし。試合終了が遅かったから、こういうことになったんでしょうか?

実はBS1で生中継だったそうです。もちろんスカパーに加入していれば見られましたし。ナゴヤドームでのカープ4連戦はBS1で生中継でしたので、マジでBSアンテナ買おうかと思っちゃいましたが、こういうことなら買っておけばよかった。こういうときにしか、買えませんからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006花火大会

前日からの強風により開催するのか心配だったけれども、無事今年も花火大会が終わりました。強風と寒さのためか来場者は昨年より少なかったけれども、風のおかげで花火の煙が消え去り、綺麗な花火を見ることができました。たった45分だけれども、よかったなあ。

さて、今年は右岸警備(岐阜県側)の予定で、虫除けやらウオークマンやら持って会場に参加したのだけれども、どなたかが気を使ってくださり、HP更新担当にしていただき、本部テント横でスタンバってました。が、撮影隊の一人から連絡が入り、バッテリーがないということで、急遽すいとぴあ江南4階外の撮影場所から見ることになりました。ここから見る花火も快適なモノで、役得でありました。かなり寒かったけれども。そして、そのとき強風によりたくさんの花火の殻が飛んできました。その中でも文字がついているモノを持ち帰ってきました。ごらんアレっ。20061012164551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽の楽しみ方

最近のケイタイ電話にはウオークマン的な機能を強化し、聞けるから簡単に取り込んで聞けることをウリにしている。またMP3プレーヤーなどの小さいミュージックプレーヤーが氾濫しつつある。いずれもパソコン経由で音楽にふれている。その上ケイタイでは着ウタフルなるのもので歌を購入しているし。CD売り上げが下降気味なのに音楽に接する時間?機会?は増えているといわれているが。

昔はレコードを買うとライナーノーツを読み、歌詞に親しみながら、そこからお気に入りのスタジオミュージシャンを探して、その人つながりで別のレコードを買って、さらにそのライナーノーツを読み、というふうにして好きな音楽を深めていっていた記憶があるのですが、MP3などの氾濫により音楽配信に馴れた今の人はつなげるということをしないため、音楽の聴き方がどんどん軽くなっているような気がします。好きなミュージシャンを絞って、つなげてみませんか?

これはCDショップの宣伝ではないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDDナビゲーション

今ではすっかりCDナビゲーションなどというモノは新品で売られていることも少なくなり、いわゆる普及する価格帯ではHDDナビゲーションが出てきている。昨年のこの時期に取り付けた頃からHDDになりつつあるし、勧めるのも少しの値段違いだからHDDにしている。さて、このHDD型は音楽CDを再生すると、録音しておいてくれて、収録されているCDならば曲名などを自動でつけてくれたりもする。(設定による)TV、DVDももちろんのことミュージックサーバーという機能がついている。あまりに便利すぎて、いいんだろうか?

ちなみに最近ではCDチェンジャーも死語になりつつあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンズ三度?

同点に追いつかれたときは、くそーっと思いました。

けど、立浪選手のサヨナラヒットへの演出だったと考えれば納得!!!

マジックは5になった。

タイガースは負けないけれども、自力本願ですね。

ところでサッカーは惜敗しました。
確かに良い動きをしてました得点が入る雰囲気はしなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工具

工具はとても大切。

以前高速道路にパンクしたクルマのタイヤ交換に出かけたことを書きました。このお客様、今回は弊社の代車でパンクされました。当然代車とはいえ、工具は常備しているはずでした。けれども、何回も電話で話しても、ジャッキは見つかるのだけれども、レンチが見つけられないようでした。悪いことに場所は熱田区日比野(国際会議場近く)。近くに知り合いのディラーがあったのでお願いして見るも月初のためみんな不在。仕方なく出張に行ってきました。で、ないという前提ですから、十字レンチと簡易ジャッキは持っていきました。現場は本当にそのディーラーの近くで、すでに電気が消えていました。さて、代車はすぐに見つかり、タイヤ交換はあっという間。交換をしてお客様の車と代車を交換して帰路につきました。

さて、ところで工具はあったと思いますか?

結局あったんです。場所はトランク内で、スペアタイヤのある場所でなく、左側にも物置があり、そこにありました。

工具は大切です。みなさん、よく探してくださいね。(-_☆)キラリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火大会

10/7(土)開催予定の

2006江南市民花火大会プログラムです。

第1部 音楽花火
 Pekori Night(ゴリエ)
 Precious (伊藤由奈)
 WIND (倖田來未)
 ハメウマライダー(ポルノグラフティ)

第2部 伝統の花火
 解説を交えて中州からの大玉花火打ち上げ

第3部 音楽花火
 夏祭り (Whiteberry)
 Forever LOVE (XJAPAN)
 ~交響組曲~ 宇宙戦艦ヤマト(宮川泰)
  第1楽章 「ヤマト発進」
  第2楽章 「大宇宙航路」
  第3楽章 「戦闘態勢」
  第4楽章 「ガラミス本土決戦」
  第5楽章 「沖田艦長の死」
  最終楽章 「帰還・威風堂々」
 フィギュアスケートプログラム
  「アメイジンググレイス(中野由香里)」
  「トゥーランドット(荒川静香)」

チラシは10/5折り込み予定です。

天候による開催可否は当日15:00頃に決定します。
問い合わせは 
当日(10:00~21:30) 0180-99-3226まで

http://blog.goo.ne.jp/hanabi-kohnan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校運動会

天気を心配しながらも愚息小学校最後の運動会が開催されました。結果からいうと午後からの雨が強くなり、一部の競技は延期になりましたが。例年見る側だったのが、今年は役を頂いておりますので、正装にて来賓受付をしておりました。普段は見ることのない、来賓名簿を拝見。なるほどこれだけの方に案内を出しているわけですね。ちなみに昨年の執行部の方々も来賓名簿にありました。来年は招待される側か...。いやいや、行きませんよ。招待を受けてみえる方を見て、小学校は地元あってのものなんだと再認識しました。

それよりも来賓受付と書いてあるのに「プログラムありますか?」と聞く若い父兄はどんな感じでみえるのでしょうか?正々堂々と正門からクルマを入れて「ちょっとの間ですから」といって、来賓駐車場に駐車していく父兄。みんながこういった行動をしたらどうなるか?自分だけは関係ないということなんでしょうが。何かがかけている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »