« 富士山 再び 2 | トップページ | 富士山 番外2 »

富士山 番外1

200608160858442 今回の富士登山にあたり、
国立中央青少年交流の家
でお世話になった。ここは青少年の健全育成を目的とした青少年教育施設として1959年(昭和34年)4月、皇太子殿下(今上天皇)の御成婚を記念し、富士山のふもとに設置された我が国最初の国立青少年交流の家だそうだ。宿泊、研修、キャンプ場、レストラン、浴場がありその上で体育系の中高生などが合宿できるように野球、ソフトボール、サッカー場、フットサルコート、テニスコート、柔剣道場、弓道場,大型体育館などを兼ね備えていた。当然歴史ある施設だからたくさんの活動例も持っているし、青少年育成等の事業にも活用できそうだ。

200608160857242_1 この写真は施設のイメージがわかりやすので掲載。緑部がテント、黄色部が宿泊棟、青部が研修棟、赤部がスポーツ施設部分だ。

以前JC在籍中に全体事業で富士登山を企画した際には、活用しようと考えていた施設だから。個人的にも楽しかったし、子供たちにとっては初めてのテント生活(2泊とも)でなかなか寝付かなかったようだけれども、ある意味とても大切な体験をさせることができたと思う。(食事は外だったんだけど)一応報告まで...。

|

« 富士山 再び 2 | トップページ | 富士山 番外2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/11495704

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山 番外1:

« 富士山 再び 2 | トップページ | 富士山 番外2 »