« あるドイツ車 | トップページ | まち »

機械

機械は基本的には壊れるモノだ。しかし、最近の日本車は異常なぐらいに壊れないと思う。オイル交換を忘れても新しいうちは大丈夫な時がある。今日入庫したは突然エンジンが止まったということだった。年式も6年落ちだから微妙な時期ではある。エンジンが止まる場合、燃料ポンプ、不良燃料(安い燃料)、点火系のプラグコードなどを疑うのだけれども、どうも動かない。で、結果は現在のオイルは新しいのだけれども、前に長い間換えていない形跡が見られる。よって、エンジンの焼き付きによるエンストと判明した。これにより廃車は決定的。エンジンを組み替えるなら直るんだけど、費用が車の価値以上になってしまう。機械はメンテナンスが必要だし、必ず故障するものだと決めてかかれば、普段の費用なんて安いモノ。自分でできなければガススタンドの中途半端な判断より、整備工場に行きましょう。それと、エンジンオイルは早めでもいいからかならず換えましょう!という話でした。

|

« あるドイツ車 | トップページ | まち »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124681/11030883

この記事へのトラックバック一覧です: 機械:

« あるドイツ車 | トップページ | まち »