« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

花火の季節

梅雨も明けていよいよ夏本番。暑くなったら花火の季節。毎週のように開催される花火はどこの大会も地方自治体のお金+いわゆる地元の人たちの協賛金で行われている。地方自治体の理解が得られている場合はまだ良いのだけれども、市町村合併により今年が最後という花火大会もあるらしい。幸せなことに我らがまちでは例年通り10月第一週に開催される運びとなりました。季節がはずれているので、年々来場客が増えてきて、毎年問題が出ては来る。特にゴミのモラルの低下は著しい。翌日市民ボランティアによるゴミ掃除は大変だ。こういう地道な活動にこそスポットが当たって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナゴヤドーム

子供たちの軟式野球大会開会式がナゴヤドームで行われた。午後からはプロ野球の公式戦ということで、午前のみドームを貸してくれたらしい。アナウンス嬢は通常の公式戦でアナウンスをしてみえる方だったし、今回の来賓としては中日ドラゴンズの前田章宏選手がみえていて、立派な祝辞をしてくれました。「一試合一試合に成長の糧となるヒントが隠されている」と、子供たちに響いたかどうかわかりませんが、個人的には一番良い祝辞だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球

中日ドラゴンズが好調でうれしい。落合オレ竜ドラゴンズは、守り勝つ野球を徹底しているのだけれども、この野球は彼の現役スタイルとはほど遠い、ライオンズが強かった時代の野球のスタイルに間違いないと実感している。鉄壁の守備陣に気がつけば投手王国。実は阪神も同じスタイルを狙っているということは、プロ野球における最強チームは胃が痛くなるような試合展開でも、安打数が少ないチームが粘り勝つということが重要。ドラフト戦略に始まり、他のチームではおそらくレギュラーになることはない、英智選手が活躍すると同時に彼をスタメンで使うというスタイルは打てない選手でも守備で使うという強いライオンズ時代の特徴だろう。これまでの強かったときのドラゴンズは打ち勝つチームばかりだったので、長続きはしなかったけど、今年ペナントを制すれば、ライオンズに匹敵するチームになるんじゃないかなと、密かに喜んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新譜

Kadomatuprayer 角松敏生さんが25周年の新譜を出された。知る人ぞ知るということですが、彼のステージでの演奏はかなりの事前準備がしてないとあそこまではできないだろうなというぐらい完成度が高いステージで、実は時間があればいつでも行きたいぐらい楽しみなステージをしてくれる。そのステージというのが、我々から言わせれば当たり前なんだけど、ステージでCD並の演奏と歌がちゃんと披露してくれるということだ。ミーハーなアーティストを追いかけて、コンサートに出かけたは良いが、あまりにも歌が下手だったりして、期待はずれで帰路についたコンサートが多いこと結構みなさんが経験していることだったりするんじゃないかな。で、今回の新譜はこれまでの流れを踏みながら、どこか懐かしいメロディーを感じる作りになっているような気がする。まあ、彼の事だから意図的なのかもしれないけれども。
そんな今回の新譜もしばらくは手放せなくなりそうな出来であることは間違いない。

それにしても当たり前のことを当たり前にするということは、多大な事前準備のたまものだということを実践することは難しいのだろうか?最近の活動を見ていて、危惧するのは私だけではない。

PS、クレジットでは先日なくなった敬愛するベーシストへのコメントも忘れてはいなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixi?

ソーシャルネットワーキングというサービスがある。「人同士のつながり」を電子化するサービス。自己情報のコントロールや出会い系といった目的を掲げ、各社が始めている。暗に「つながりをもちたくない人を排除する」という意図も持つ。ということらしい。先日友人より「mixi」というネットワークへお誘いをもらった。ここは既に会員になっている方から招待状をもらわないと入れてもらえないというシステムで、最近ではyahooより閲覧数が多い日もあるという強者だ。さっそく入会してみたが、おもしろいシステムのようだ。興味がある方はご連絡アレ。厳正なる審査の結果招待状を出すかもしれません( ;^^)ヘ..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKでも

NHKでもなどと書くと失礼かもしれませんが、今こっそりマイブームな番組がある。「謎のホームページ サラリーマンNEO」という深夜番組である。結構マニアックな笑いかもしれません。で、出演者がこれまたマニアックな選択をしているし、女性陣は中越典子さんをはじめ、実は嫌いな方がいないというのもポイントである。こういう番組は「おれたち、ひょうきん族」以来なかなかはまらなかった。笑えないときもたまにはあるけれども、これで笑って寝るという日課もアリかなと思う。しかし、火曜日ばっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿部寛さん

今期で唯一見ているのが「結婚ができない男」です。阿部さんは「HERO」の時などのようにまじめに笑える役をすると個人的にははまってしまいます。毎週火曜日はこのドラマを見てマジで笑わせていただいております。ちなみに役柄は個人とはあまり関係がないように思えますが、実際はどうなんでしょうか?

これ以外のドラマは視聴率も含めて苦戦しているようですね。まあ、キャストでみたい!と思わせないと、駄目じゃないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモ発見?

メモが出てきたとかいうことで、報道は騒がしくなってますが、こういう機会に人を見るチャンスですね。これまで言ってきたことを都合良く代えるやつがたくさん出てきますから、そういういわゆる著名人を捜しましょう。まあ、基本スタンスが変わったようでも、実は根本的には変わってないはずですが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペアタイヤ

車にはスペアタイヤがついているモノだと思ってますよね。で、このスペアタイヤなんですが最近は本当に緊急タイヤがつくようになってしまいました。そんなに使われなくなったのが原因かもしれませんし、中を広くとろうということの競争で小さくなっていったこともあるでしょう。この緊急用のものは最高速度が決まっていたり、距離も決まっているかもしれません。いざというときに必要なスペアタイヤです、ジャッキとともに自分が乗っている車のスペアタイヤがある位置とあわせて必ずチェックしておきましょう。慌てないためにもね。それとローダウンなどをして外せなくなっていないかも注意してください。

さらに最近では応急キットというものがついているだけで、スペアタイヤがないモノもあります。軽自動車なんかではコストダウンも兼ねてこうなっているモノもありますのでご注意アレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわゆるA級戦犯

小林よしのり氏の最新作かな。題名からして理由があるのだけれども、これまで彼がアナウンスしてきたことをさらに細かく徹底して書いてきた作品です。この本が100%信じられるかどうかは別にして、こういう解釈もあるし、この理論にたつと、いわゆるA級戦犯の定義と私が教えられてきた?思わされてきた?イメージとは違うなあ。さあ、ナニを信じましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まち

PTAのお仕事で新聞を地元の町総代さんへ配った。小さいまちなのにたくさんの町総代さんがみえて、回覧のお願いをするとほとんどの方が快く受けてくれた。まあ、お留守のところもあったんで、ほとんどとさせていただきましたが。

こんなちいさなまちだから、道路も狭いことだしと思い、軽自動車で回ったんだけれども、それでも置けそうもない場所があり、雨の中を自分で走って配ったりした。古い町並だからここは車で入れない路地だと思っていたところに普通車が駐車してあり驚いたりもしました。子供の頃、よく自転車で、自転車でしか入れない道路もたくさんあったけれども、、まだまだまちに関しては知らないことがある。かわら版のネタ探しになっていたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械

機械は基本的には壊れるモノだ。しかし、最近の日本車は異常なぐらいに壊れないと思う。オイル交換を忘れても新しいうちは大丈夫な時がある。今日入庫したは突然エンジンが止まったということだった。年式も6年落ちだから微妙な時期ではある。エンジンが止まる場合、燃料ポンプ、不良燃料(安い燃料)、点火系のプラグコードなどを疑うのだけれども、どうも動かない。で、結果は現在のオイルは新しいのだけれども、前に長い間換えていない形跡が見られる。よって、エンジンの焼き付きによるエンストと判明した。これにより廃車は決定的。エンジンを組み替えるなら直るんだけど、費用が車の価値以上になってしまう。機械はメンテナンスが必要だし、必ず故障するものだと決めてかかれば、普段の費用なんて安いモノ。自分でできなければガススタンドの中途半端な判断より、整備工場に行きましょう。それと、エンジンオイルは早めでもいいからかならず換えましょう!という話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるドイツ車

トラブル続きのあるドイツ車はうちでは絶対に売ることはないけれども、値段が手頃なためか、小さいタイプを勝ってきて、うちでメンテしてくださいというお客様が来てくださる。で、まず確認するのがタイミングベルト関係。交換してあるかどうか。最近は交換してある場合が多いのだけれども、ところがこれタイミングベルトだけを交換してあっても駄目です。タイミングベルトがかかっているパーツはほとんど交換の必要があります。でも値段がかさむから、全部代えてない場合が多いみたい。先日買われたお客様はこのトラブルである部品が壊れ、タイミングベルトがはずれて、エンジンが終わりました。外車はこれを楽しむ余裕とお金に余裕がないと古いタイプのものは難しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチロー杯

今年で11回目となるイチロー杯争奪学童軟式野球大会が始まっている。決勝の予定は12月初旬頃だそうだ。ところが1回戦は6月から始まっている。今年は過去最高の256チーム参加だとか。まあ、弱いチーム強いチームがあるから、全部がすごいわけではないだろうけど。愚息の所属するチームも今年はエントリーしていて、15日が試合だった。相手のチームとは似たり寄ったりのチームで投手が少し良いぐらいかなと思っていた。まあ、地元で優勝したことがある我がチームであるから、良い勝負はできるのではないか思っていたが。予想以上に相手投手のコントロールが良くて、基本的に右打者も左打者も外角一辺倒。打てそうで打てない相手だった。こういう試合はミスをしたチームが負け。初回裏に無死で四球からランナーを出して、みすみす点を与えてしまった。結果完封負け。残念でした。最高学年というのはここで負けたら終わりという試合が多いのに、勝ちに執着心が無さすぎた。まあ、指導者の能力のなさが出た試合だったんじゃないかな。勝ち続けていると忘れられているモノ多いですからね。W杯日本代表も気づくのが遅くて、惨敗でしたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便利モノ

愛車一括無料査定というネットサービスがあります。で、これに申し込むと数件の大手から連絡が入るそうです。でもこれって、本当によい査定価格がでるんだろうか?インターネットというサービスで自分の手間暇を削減することだけでも、かなりの査定価格アップだとは思うのだけれども、お客様の立場になれば、よい査定価格が出るモノだと思ってませんか?

でも、ここに申し込むということは、どこの業者にこの情報が入っているかということは参加している業者には筒抜けなわけです。ある意味談合的なこともできてしまうのではないかと勘ぐることもできるわけです。そうすると、本当に競争原理が働けば、高い値段も出てくるとは思いますが、実際もそうなんでしょうか?

まあ、疑ったらキリがないけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不調

なんかここのところ「ココログ」の接続が悪いと思っていたら長期メンテナンスに入るそうです。

よって、しばらくはお休みかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口先

大丈夫です!きちんと協力しますから!と言われて、きちんとできる人は実はほとんどいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走る

サッカー日本代表監督を要請されておりオシム氏の基本は「走る」ということだとか、まあ、中田英選手を思い出せばサッカーではわかりやすいわけで、いわゆる汗かきタイプのことだと思われます。でもW杯の日本代表ではありませんが、最近のいろいろな組織内での動きというのはどちらかというと無駄な動きが少なすぎるのではないかと感じることが多々あります。綺麗に動こうとしすぎるため、肝心なところを抜かしているということです。もっとポイントに迫って、迫れないのであれば他人の力を借りてでも、ポイントをはずさないように動き、たとえそれが無駄な動きになっても、きっと自分の力になると信じて動かないとだめじゃないかな。と思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保健委員会

小学校の役員になるとこんな会合まで出席要請が来ます。担当の委員会はもちろんのこと、いわゆる役員は全員に要請があったようです。その上、学校側は保健の先生をはじめ、各学年代表の先生に校医、校歯科医、薬剤師さんまで呼ばれていたようです。内容はといえば、春先に行われた検診結果をまとめたモノに対し、県平均、国平均などと比べたりし、今後の子供たちへの指導の指針にするようです。まあ、目新しい会議であることは確かで、このようなお役を頂かなければ、巡り会うことはないわけで、結構勉強になった次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランド続き

W杯の4強に残ったのが、

ドイツ、イタリア、ポルトガル、フランスということでおもしろくなってきたわけですが、この各国のユニフォームサプライヤーはというと、アディダス、プーマ、ナイキ、アディダスとなった。さて、どこのメーカーが勝ち残るのかも楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HERO2?

ドラマ「HERO」が単発モノで放映されるというので楽しみに拝見。5年前に放映された前作を覚えてみえる方にはわかったと思うけど(俺もマニアか)、おもしろい話にしてあった。木村君の演技は別として特別版の出演者の豪華なこと。そして、中井さんの演技は脱帽モノでした。とても良いドラマだったような気がします。最後まで前回の出演者がどこで出てくるのか楽しみな展開でしたしね。で、今回が調子よければ「HERO2」が始まるのか?

そういえばドラマの最中に「中田英選手 引退」のテロップが流れました。彼のことだから、このまましばらく無言が続くだろうし、報道ネタとしてはとても興味がありそうだから、あることないことの報道がされることを楽しみにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯 準々決勝2

決勝トーナメントに入ってからは力が均衡しているチーム同士の試合はかなりおもしろい。それと勝つチームはボールの動きも人の動きも多くて、速い球回しが特徴ではないかなと思う。日本がしなければいけない試合を強豪がしているわけだから、残念でもある。さて、今度は優勝候補のブラジルが負けました。今大会はブラジルの10番の大会ではないかと言われたけれども、さすがの天才もクラブチームのような阿吽の呼吸で球回しができないブラジルでは能力半減なんでしょうか?残念でした。

さあ、これで開催国ドイツか、フランスか、イタリアか、ポルトガルか?これからの試合は早朝になるので観るのはかなりつらいが...。

観るのか?起きられるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »